2017年F1タイヤテスト、年25日の実施を世界モータースポーツ評議会が承認

FIA世界モータースポーツ評議会は、ピレリが2017年向けタイヤのテストを可能にするよう、規則を変更することを承認した。

 F1委員会は、月曜日の16時(中央ヨーロッパ時間)に設定された最終期限を前に、今週初めにピレリによって要求された規則の変更についてすでに同意していた。

 そして水曜日、世界モータースポーツ評議会は、来シーズンに向けたタイヤを準備するためのテスト日数を変更することを批准した。

 変更によれば、2016〜2018年は、2017年用のサイズのタイヤを現在のF1マシンに装着して、年間25日の走行が出来るようになるという。また今年に限り、2013年もしくは2014年のマシンを使い、2016年サイズの2017年プロトタイプタイヤのテストを追加で行う可能性があるという。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース