2017年オフシーズンテストはバルセロナで確定。代わりにシーズン中テストをバーレーンで開催

F1チームは当初の予定どおり来季に向けたオフシーズンテストをバルセロナで2回行うことで合意。バーレーンでのテストをシーズン中に行うことになった。

 ピレリは来季開幕前のテストを温暖な地域で行うことを希望していたが、FIAのチャーリー・ホワイティングは、欧州以外でテストをすることはできないと、各F1チームのマネージャーに対して語った。

 F1スポーティングレギュレーションの10.6dには、「チームの過半数とFIAの同意なしに、ヨーロッパ以外のサーキットでテストを行うことはできない」と規定されている。これによりホワイティングは、バーレーンでのテストに向けての要件が整わなかったとして、この案を却下した。

 バーレーンでテストを行うことは、ピレリやメルセデスが主導してきた。そして日本GPの際には、7チームがこれに同意すると署名を行っている。

 しかしレッドブルは、当初の予定通り、2回のテストをいずれもバルセロナで行うことを主張し続けた。そして、テストを2か所に分け、チームがテストを行う場所を選択できるようにする案が提出された。

 アメリカGP金曜日のランチタイムに、バーニー・エクレストンがこの件について話し合いを行うために、各チームの代表を招集。議論が行われた。その結果、当初の予定どおり、オフシーズンテストはバルセロナで2回にわたって行うことで、各チームが合意したという。しかしその代わり、最初のシーズン中のテストの開催地を、バルセロナからバーレーンに変更することになった。

 詳細は今後詰められる予定だが、このテストはバーレーンGP後の火曜日と水曜日に行われることになると思われる。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース