「F1はもはや公平な競争ではない」ザウバー代表は憤る

現在のF1における財政と管理の仕組みは「もはや公平な競争ではない」とザウバーのチーム代表モニシャ・カルテンボーンは述べた。

 昨年、ザウバーとライバルのフォースインディアは、F1に反競争的行為があるとして欧州連合に公式の申し立てを行い、F1の統括方法と分配金に関する調査に結びつけた。

 カルテンボーンは、ザウバーのように小さいチームは生き残るために奮闘しており、不公平な分配金方式に対して未だに何もなされていないことに苛立っていると認めた。

「本当にがっかりしています」カルテンボーンは、Motorsports.comにこう述べた。

「F1はとても素晴らしいスポーツであり、議論もF1をエキサイティングなものにする一部なのです。そうでなければ、ただのつまらないスポーツでしかありません」

「フォースインディアと私達ザウバーは、出資者と話し合い、彼等に現状を打破してもらうために努力しているので、議論がF1を大きく変える事はない現状に、もちろん苛立っています」

ルール決定に一部のチームが関与するのが問題

 カルテンボーンは、主要チームがより多くの分配金を得るだけでなくルール作成のプロセスにも関与しているという事実が、競争を不公平なものにしていると考えている。

「誰もがその取引がどのように行われたかを知っています。最悪なのは、気に入らないからと言う理由だけで、それを変えてしまう事ではありません。そうすることで、競争に大きな影響を与えてしまう事です。そして、それこそが私達が指摘している事なのです」

「これでは、もはや公平な競争とは言えません」

「ルール作成と分配金の観点において、特定のチームにこれらの特権が与えられています。もし、この事がレースに多大な影響を与えるのであれば、私達は闘わなければなりません」

他のチームと同じような収益を得られない

 現在の仕組みの下では、ザウバーがレース上位にいても他のチームと同じ利益を得ることはできない、とザウバーの代表は考えている。

「私達が望むのは、全員に平等な条件だけです。そこからは自分次第です。良くても、悪くても、それは自分たちの問題です。でも現状では、フォースインディアや私達ザウバーおよびその他のいくつかのチームは、トップ3に入ったとしても、一部のチームと同じ様な利益を手にする事はないのです」

「そして、一部のチームのように順位に関係なくルールを作成する権限も私達にはありません。それは正しい事ではないはずです」

 ザウバーは財政問題のレポートの中で、今後の見通しが危ぶまれている。しかし、カルテンボーンは時間がかかるけれど問題は解決できると主張している。

「私達は、この状況を乗り越えることに集中しています。そして、そのためには時間が必要なのです」

「残念ながら、一夜で状況は変わりません。すぐに解決できるものと、時間がかかるものがあるのです。私達は、するべきことをするまでです。その姿勢は何も変わりません」

「一年の間に、すぐに解決しなければいけない他の問題が出て来るかもしれませんが、それがもっと悪い事かどうかは、誰にも分からないでしょう。実際に起きていることよりも、メディアは騒ぎ過ぎだと思います」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Sauber
記事タイプ 速報ニュース