「F1はタイヤ選択の完全自由化を実現すべき」とプロスト

アラン・プロストは、番狂わせの要素を追加するために、F1はタイヤに関するルールを抜本的に見直す必要があると考えている。

 2017年のF1は、テクニカルレギュレーションの変更により、その速度が大幅に増すことが期待されている。しかしアラン・プロストは、レースの結果をより不確定なものとする”要素”追加しなければならないと考えている。

 そのひとつとしてプロストは、週末のタイヤ選択を完全自由化することを提案する。これにより、例えば小規模なチームは、ギャンブルに成功した場合大きな利益を挙げることができるかもしれない。

「私は、平均的なチームにも可能性をもたらすようなルールに変更した方が良いと思う。小規模なチームでも、素晴らしい仕事をすれば、時にはトップになる可能性があるようなね」とプロストは説明する。

「空力に頼る部分を少なくし、メカニカルグリップに頼る部分を多くすればいい。そうすることで、異なる戦略を実施できる可能性がある」

 今季のF1は、持ち込むタイヤのセット数の内訳を、各チームが選択できるようになり、柔軟性が増した。ただプロストは、これにさらに柔軟性を持たせることができるはずだと考えている。そして、フロントとリヤに同じタイヤを履く必要性さえないと指摘している。

「まず何種類かのタイヤを選択し、その中から使うタイヤを自由に選択するようにすればいい」と彼は言う。

「チームの選択に柔軟性を持たせるんだ。例えばフロントにソフトタイヤを、リヤにハードタイヤを履いたって構わない」

「例えばフォースインディアのような平均的なサイズのチームは、トップチームとは異なるタイヤ選択を行い、良い仕事をすることができる。トップチームは、他のトップチームとの戦いを意識しているため、ギャンブル的な選択をするのは難しいからね」

「驚きの結果を引き起こすことができるかもしれない。しかしそれは、ダウンフォースが低く、なおかつ異なるタイヤを選択した時のみ可能だ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Alain Prost
記事タイプ 速報ニュース