【F1アブダビGP】シャルル・ルクレール、FP1に参加せず

GP3に参戦中のルクレールは、GP3のタイトル獲得に専念するため、今回はF1のフリー走行出走を断念することになった。

 モナコ人ドライバーのシャルル・ルクレールは、エステバン・グティエレス(ハース)に代わってアブダビGPのフリー走行1回目に参加する予定だった。

 しかし、ルクレールはF1のフリー走行には参加せず、GP3に集中することが木曜日に発表された。

 19歳のルクレールは、2位に29ポイントの差をつけて、現在GP3のランキング首位に立っており、アブダビでの最終戦を迎えることになる。

「スケジュールの都合で、アブダビでの1回目のフリー走行に参加しないというのは、本当に辛い決断だった」とルクレールはツイッターに書き込んだ。

「GP3のタイトルに100%集中したい。FP1に参加するということは、F1からGP3の予選にジャンプするようなものだ」

 フェラーリとハースで開発ドライバーを務めるルクレールは、これまでイギリス、ハンガリー、ドイツ、ブラジルでFP1にハースから参加している。

【関連ニュース】

ルクレール「ビアンキがいなくて寂しい」と語る

ルクレール、フェラーリでF1テストデビュー

ルクレール、イギリスGPのFP1でハースをドライブ

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Charles Leclerc
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース