【F1アブダビGP】予選:逆転チャンピオンへハミルトンがポール獲得。ロズベルグは2番グリッド

F1最終戦アブダビGPの予選が行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。

 F1最終戦のアブダビGPの予選が行われ、逆転チャンピオンを狙うメルセデスのルイス・ハミルトンが、ポールポジションを獲得した。

 ヤス・マリーナ・サーキットは気温26度、路面温度30度というコンディションでアブダビGPの予選がスタートした。

Q1:初日の出遅れが響き、トロロッソ2台が脱落

 まずコースに入ったのはトロロッソ勢とハース勢。初日2度のパンクに見舞われているトロロッソのダニール・クビアトが最初にタイムを記録したが、これを後からアタックしたルノーのケビン・マグヌッセンが0.8秒以上上回った。

 マクラーレンのジェンソン・バトンが始めに1分41秒台に突入し、1分41秒806というタイムを残した。

 今週も強さを見せているメルセデスは、ルイス・ハミルトンがまずアタック。1分39秒487というタイムで、その後にアタックしたニコ・ロズベルグに対して1秒ほどの差をつけた。

 ウイリアムズのバルテリ・ボッタスは、Q1にスーパーソフトタイヤを投入し6番手タイムを記録。予選と決勝に向けて残したタイヤ配分で、全車スーパーソフトタイヤを1セットしか持っておらず、ウイリアムズは決勝に新品のスーパーソフトを残す気が無いようだ。フェリペ・マッサもスーパーソフトタイヤで11番手となった。

 Q2進出をかけて、10番手以下がコース上で2度目のアタックへ。バトンが10番手までポジションを上げた一方で、トロロッソは初日の出遅れが響き、2台ともQ1脱落となった。

 17番手以下はクビアト、マグヌッセン、フェリペ・ナッセ(ザウバー)、エステバン・オコン(マノー)、カルロス・サインツJr.(トロロッソ)、マーカス・エリクソン(ザウバー)という序列。

 マノーのパスカル・ウェーレインは今季5度目のQ2進出となった。

Q2:レッドブルがSSタイヤでQ2通過。アロンソ10番手

 最初にコースに飛び出して行ったのはハミルトン。ロズベルグとライコネンがこれに続いた。1分39秒382というタイムを残したハミルトンに対して、ロズベルグは小さなミスがあり0.1秒遅れた。

 レッドブル勢はスタートタイヤを決めるQ2のアタックに、スーパーソフトタイヤを投入。マックス・フェルスタッペンはウルトラソフト勢のフェラーリの間に割って入る4番手タイムを記録した。ダニエル・リカルドからトップから1.0秒遅れの6番手となった。

 10番手以下のマシンがアタックに向かうが、なぜか4番手のフェルスタッペン、6番手のリカルドもウルトラソフトの新品を装着しコースイン。フェルスタッペンはセクター2で最速タイムを記録するも、アタックを途中でやめピットに戻った。

 フォースインディア勢がピットに残る中で、タイムを更新したのはアロンソ。10番手までポジションを上げてQ3に滑り込んだ。

 11番手以降はバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)、バトン、エステバン・グティエレス(ハース)、グロージャン、ジョリオン・パーマー(ルノー)、ウェーレインとなった。

 ウルトラソフトのデグラデーションが大きいと見られているため、スタートタイヤを選べるメリットをボッタス、バトンといったドライバーが決勝で活かしてくるかもしれない。

Q3:圧巻のラップでハミルトンがポールポジションを獲得

 ここでもまず先に動いたのはハミルトン。1分39秒013というタイムは、ロズベルグに0.3秒以上の差をつけるタイムだ。ハミルトンは、セクター3で他を寄せ付けないタイムをマーク、ロズベルグに対する差をそこで稼いでいるようだ。ロズベルグから約0.3秒遅れての3番手にはフェラーリのキミ・ライコネン。リカルドが僅差で続いた。

 2度目のアタックもハミルトンが先に動く。セクター1で自己ベストを0.1秒削ったハミルトンだが、ロズベルグはセクター1全体ベストでやり返した。ロズベルグはセクター2で遅れ、結局1分38秒755というタイムのハミルトンから、0.3秒遅れの2番手にとどまった。

 3番手にはリカルドが浮上し、ライコネンが4番手、ベッテルが5番手。フェルスタッペンは2回目のアタックをまとめきれず、アタックを中止しピットへ戻ってしまった。

 7、8番手にはフォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグ、セルジオ・ペレスが続いた。

 これがF1最後の予選となるマッサは1アタックにかけたが、最終的にはアロンソに上回られてしまい、10番手となった。

 これでメルセデスのポールポジション獲得は今シーズン21戦中20回に達した。ハミルトンは自身61回目のポールポジションを獲得、逆転チャンピオンを狙う彼は、まず最高の位置から決勝をスタートすることになった。表彰台に上がりさえすれば初のタイトルを決めることになるロズベルグは、2番グリッドからのスタートでも十分ということだろうか?

 長いシーズンもついに最終戦。チャンピオンが決定する注目のレースは、11月27日(日)日本時間22時にスタートする。

F1 2016 アブダビGP予選結果

Cla#ドライバーChassisエンジン時間ギャップkm/h
1 44  Lewis Hamilton  Mercedes Mercedes 1'38.755   202.464
2 6  Nico Rosberg  Mercedes Mercedes 1'39.058 0.303 201.845
3 3  Daniel Ricciardo  Red Bull TAG 1'39.589 0.834 200.769
4 7  Kimi Raikkonen  Ferrari Ferrari 1'39.604 0.849 200.738
5 5  Sebastian Vettel  Ferrari Ferrari 1'39.661 0.906 200.624
6 33  Max Verstappen  Red Bull TAG 1'39.818 1.063 200.308
7 27  Nico Hulkenberg  Force India Mercedes 1'40.501 1.746 198.947
8 11  Sergio Perez  Force India Mercedes 1'40.519 1.764 198.911
9 14  Fernando Alonso  McLaren Honda 1'41.106 2.351 197.756
10 19  Felipe Massa  Williams Mercedes 1'41.213 2.458 197.547
11 77  Valtteri Bottas  Williams Mercedes 1'41.084 2.329 197.799
12 22  Jenson Button  McLaren Honda 1'41.272 2.517 197.432
13 21  Esteban Gutierrez  Haas Ferrari 1'41.480 2.725 197.027
14 8  Romain Grosjean  Haas Ferrari 1'41.564 2.809 196.865
15 30  Jolyon Palmer  Renault Renault 1'41.820 3.065 196.370
16 94  Pascal Wehrlein  Manor Mercedes 1'41.995 3.240 196.033
17 26  Daniil Kvyat  Toro Rosso Ferrari 1'42.003 3.248 196.017
18 20  Kevin Magnussen  Renault Renault 1'42.142 3.387 195.751
19 12  Felipe Nasr  Sauber Ferrari 1'42.247 3.492 195.549
20 31  Esteban Ocon  Manor Mercedes 1'42.286 3.531 195.475
21 55  Carlos Sainz Jr.  Toro Rosso Ferrari 1'42.393 3.638 195.271
22 9  Marcus Ericsson  Sauber Ferrari 1'42.637 3.882 194.806

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Felipe Massa , Jenson Button , Jolyon Palmer , Kimi Raikkonen , Lewis Hamilton , Max Verstappen , Nico Hulkenberg , Nico Rosberg , Pascal Wehrlein , Romain Grosjean , Sebastian Vettel
記事タイプ 予選レポート