F1イタリアGPは来季からイモラで開催か?

F1の権威バーニー・エクレストンは、イタリアGPの開催地をモンツァからイモラへ変更するかどうかは、イタリアの国家スポーツ当局の手に委ねられることになるだろうと述べた。

 2017年からのイタリアGP開催に関して、モンツァとの新契約合意には未だ進展が見られず、エクレストンはかつてサンマリノGPを開催していたイモラ(エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ・サーキット/イタリアGPの開催経験もある)とイタリアGP開催について話し合っている。

 エクレストンは、イモラと2017年の契約に大筋合意したかの様にふるまいながらも、状況は流動的で、あとはイタリア自動車クラブ次第だと、土曜日のバクーで述べた。

「彼等とはもちろん話し合っている。しかし、イタリアGPをサポートするためには国家スポーツ当局の手助けが必要だ。もし、モンツァではなく、彼らがイモラをサポートしたいと言うのであれば、喜んでイモラと契約するよ」

イモラは準備万端

 状況次第では最後のとなるモンツァでのイタリアGPまで、あと数カ月だ。にもかかわらず将来がどうなるかについては、未だ確信がないと述べた。

「正直なところ、まったく分からない。本当に分からないのだよ」

「モンツァ側はいつまでに返事をするべきか分かっている。カレンダーに載せるかどうかは回答次第だ」

 再びF1を開催するのに、イモラの施設は準備が十分整っているかとの質問にエクレストンは答えた。

「彼等はかなりの作業を行っているから、私の答えは“イエス”だ」

 しかし現時点で彼に出来るのは、イタリアGP開催を守るためにイタリアの国家スポーツ当局が動く事を願うだけだと主張した。

「イタリアGPが引き続き開催できることを心から願っている。しかし、それはイタリア当局次第だ」

 またエクレストンは、ブラジルの経済低迷により2017年のカレンダーからブラジルGPがなくなるかもしれないことを危惧している。それは、先日お知らせした通りだ。

関連記事:「ブラジルGP存続危機。今年の開催が最後のレースに!?」

「ブラジルGPの将来について深刻な懸念があった」とウイリアムズのフェリペ・マッサがコメントしているが、これについて意見を求められたエクレストンは、次のように答えた。

「彼は正しいよ」

「来年もブラジルGPを開催できることを望んでいる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース