【F1ブラジルGP】ロズベルグが今晩チャンピオンを決定する諸条件

今晩行われるF1ブラジルGP決勝では、今季のタイトルが決定する可能性がある。その諸条件を整理しておこう。

 今季のチャンピオンに輝く可能性を有しているのは、ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンのメルセデス勢二人である。このうち、ロズベルグは19ポイントのリードを有して最終戦を迎えており、以下の条件を満たせば、ここブラジルでタイトルを決めることになる。

■ロズベルグのチャンピオン決定条件
1位:無条件でチャンピオン確定
2位:ハミルトンが4位以下
3位:ハミルトンが6位以下
4位:ハミルトンが8位以下
5位:ハミルトンが9位以下
6位:ハミルトンが10位以下
7位以下:最終戦に持ち越し

ロズベルグが優勝した場合:
 ロズベルグが優勝した場合、ハミルトンの順位に関係なく、ここブラジルでチャンピオンが決まる。ハミルトンが2位に入ったとしても、26ポイント差となるため、逆転の可能性が潰えてしまう(次戦優勝しても、25ポイントしか獲得できないため)のだ。

ロズベルグが2位だった場合:
 ロズベルグが2位(18ポイント獲得)で、ハミルトンが4位(12ポイント)以下だった場合、その差が25ポイント以上に広がる。仮にハミルトンが4位だったとすると、最終戦でハミルトンが優勝、ロズベルグが入賞圏外に終われば同ポイント、しかも優勝回数も9で並ぶ。ただ2位の回数がロズベルグ4回/ハミルトン3回となるため、ロズベルグに軍配が上がる。ハミルトンが3位以内でフィニッシュすれば、決着は最終戦に持ち越しとなる。

ロズベルグが3位だった場合:
 ロズベルグが3位(15ポイント獲得)で、ハミルトンが6位(8ポイント)以下だった場合、その差が26ポイント以上に広がるため、タイトルが確定する。

ロズベルグが4位だった場合:
 ロズベルグが4位(12ポイント獲得)で、ハミルトンが8位(4ポイント)以下だった場合、その差が27ポイント以上となり、この時点でロズベルグのタイトル獲得が決まる。なおロズベルグが4位でハミルトンが7位(6ポイント)だった場合には、その差が25ポイントとなるが、もし最終戦でハミルトン優勝、ロズベルグが無得点だった場合には、優勝回数9回で同数、2位回数3回で同数となるが、3位の回数の差(ハミルトン4回、ロズベルグ2回)となるため、ハミルトンがチャンピオンを獲得するということになる。

ロズベルグが5位だった場合:
 ロズベルグが5位(10ポイント獲得)で、ハミルトンが9位(2ポイント)以下だった場合、その差が27ポイント以上となり、この時点でロズベルグのタイトル獲得が決まる。ただ、ハミルトンが8位になりポイント差が25となった場合でも、ロズベルグが4位だった場合と同様にハミルトンにタイトルの可能性が残る。

ロズベルグが6位だった場合:
 ロズベルグが6位(8ポイント獲得)で、ハミルトンが10位(1ポイント)以下だった場合、その差が26ポイント以上となり、この時点でロズベルグのタイトルが決まる。ハミルトンが9位だった場合には、上記と同様3位獲得回数の差でハミルトンに逆転タイトルの可能性が残る。

ロズベルグが7位以下だった場合:
 ロズベルグが7位(6ポイント獲得)以下だった場合、ハミルトンが何位になったとしても、今回チャンピオンが決まる可能性はない。逆にハミルトンの成績次第によっては、同点さらには逆転になる可能性がある。

 なお、今回のレースでハミルトンがチャンピオンを決める可能性はない。

【関連ニュース】

F1ブラジルGP:ライブテキスト(24時50分頃配信開始予定)

タイトル争い佳境のロズベルグとハミルトン、特別扱いを「望んでいない」

タイトル争い正念場のハミルトン。「どんな天気でも準備はできている」

F1ブラジルGP予選:小雨のサンパウロ、勝負のセクター3。ハミルトンがポール獲得

メルセデス、ピットレーンの”段差”を避けるためピットボックス位置を変更

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース