ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説:マクラーレンMP4-31のブレーキダクト

マクラーレンはスペインGPに、過激なまでに大きな開口部を持つブレーキカバーを投入。タイヤ温度への影響を狙っているのは明らかだ。

 マクラーレンは、ロシアGP後の時間を使い、スペインGPに向けて更なる変更を加えてきた。

 ブレーキのカバーに開けられた開口部は、ソチに持ち込まれたもの(写真左下の円内)と比べて大きくなった。これにより、ホイールリムに曝される範囲も拡大している。

 これは、ホイール内に放射される熱量を変更するための処理である。そして、タイヤの温度にも影響を与える。

 またブレーキダクトの開口部も、ほとんど見えないように変更されている。これにより、タイヤから発生する乱気流に影響を与えるのは明らかだ。

 

McLaren MP4-31 brake ducts detail
McLaren MP4-31 brake ducts detail

Photo by: Giorgio Piola

 マシンのリヤにおいては、タイヤの熱管理に重点が置かれている。しかし、気流を管理するための開口部は、それほど流行しておらず、マクラーレンのそれにも開口部は見られない。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
チーム McLaren
記事タイプ 分析
Topic ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】