F1最大の功労者。バーニーの跡を継ぐ者

彼が居なくなったとしたら、我々は寂しさを覚えるでしょう。彼を嫌う人々の期待にも関わらず、F1の最高権力者は未だに減速する素振りすら見せていない。チャールズ・ブラッドリーはバーニーが居なくなった後に何が起きるのかを尋ねた。

「100歳になったら立ち止まるかもしれない」とバーニーは言った。バーニーは現在85歳だ。他の誰もなし得なかった形で、彼はF1と言う世界を支配している。おそらく、この先も彼のように指揮する者は現れないかもしれない。

 フォーミュラ1グループの最高経営責任者として、彼はF1世界選手権の放映権を握っている。早い話、彼はイベントの興行権やテレビ放映権、スポンサーシップ、およびホスピタリティパッケージを販売するための鍵を握っている。これは数十億ドルのビジネスだ。そして彼は、その中心に君臨している。

 そして、未だ彼の代わりはいない。他の権力者のささやく声が聞こえている。フェラーリの社長 セルジオ・マルキオンネが、エクレストンは彼なしでも問題の無いF1の将来への道を敷くべきだと主張していると耳にした。また、過去1週間ぐらいの間に、FIA会長のジャン・トッドはCVCキャピタル・パートナーズ代表のドナルド・マッケンジーと私的なミーティングを持ったと言う噂も耳にした。

 気になるのは、彼が100歳まで仕事をしたとして、またはその前に亡くなってしまったとしたら(もちろんまったく望んではいないが)、もしくは委員会でクーデターが起きたとしたら、誰がバーニーの代わりを努めるんだ?

 現状では、誰もいない。もし彼がいなくなったら、大きな再編が必然的に続くことだろう。現在、エクレストンが監督するすべての役割を、専門家グループが分担していくことになるだろう。

 忘れてならないのは、彼には代理人も最高執行責任者(COO)もいない。彼はすべての主要な電話を個人的に行っており、現代において、それは驚くべき事だ。
役割がどのように重要な要素に分けられて行くか見てみよう。

バーニーの”顔の広さ”

 エクレストンはF1の顔だ。彼の政治的配慮への欠如は、理不尽な事に対して遠慮しないことを意味している。彼は、日刊紙やウェブサイトが喜ぶ見出しを提供する天才だ。

 しかし、これは否定的な面も併せ持っている。彼は別の週末にコックピットの保護システムについて「何もするべきではない」とコメントしたが、それはFIAの安全に関する公式見解に完全に逆行している。そして、プレシーズン中に彼は「F1は過去最悪な状況だ」とコメントして、出資者たちを苛つかせた。

 とは言え、彼にはロイヤルファミリー、政府、市長、スポーツ関係当局との個人的なつながりと言う、大きなコネクションがある。彼の持つ名刺の山には誰も適わないだろう。

 彼に取って変わるには、フェラーリ前代表のルカ・ディ・モンテゼモーロや元F1チャンピオンのニキ・ラウダなどのような人間が必要だろう。委員たちには馴染みのある人物で、且つF1界を代表するスポークスマンになれる人物だ。同様に、グリッド上のお偉方にも良い顔が出来ることが重要だ。

 モンテゼモーロはF1委員の非常勤メンバーであり、有利なスタートを切っている。彼はこの役割に適任だと私は思っている。

F1はとても良いビジネスである

 エクレストンが、純粋にお金のためだけに動いていると思ってはならない。彼は、自身の持つパワーと功績の判断材料のために動いていると思う方が好ましい。
さて、誰が彼の後を継ぐのか?

 ドナルド・マッケンジーはF1を所有するCVCキャピタル・パートナーズの共同設立者であり、おそらくビジネスのこちら側の面倒を見る事になるだろう。彼の会社は、エクレストンが管理するよりも多くの収益をF1から生み出したと言える。2006年にフォーミュラワン・グループを所有したばかりだが、すでに4.4億ドルの収益を報告している。しかし結局のところ、その大部分はエクレストンのおかげであった。

 マッケンジーは、最近の発言をガーディアンに引用されている。

「我々はF1を所有していることが好きだ。売るつもりはない。F1はとても良いビジネスだから、いつも誰かが所有権を欲しがっている」

 CVCがシンガポール証券所への上場を棚上げして以来 、CVCがF1を他の投資家たちに売るのではないかとの憶測が流れている。 エクレストンは、取引は昨年終わるはずだったと主張していた、とマッケンジーはMotorsport.comに語った。

「我々がここに居続ける事はあり得ないが、販売する義務があるわけでもない。バーニーは、彼が意図していない事を度々言う事がある」

 マッケンジーは控えめな姿勢を崩さないが、モータースポーツに多大な関心を持っている。

パリでのレースを成功させた、若い後継者候補

 よく名前が挙がるのは、フォーミュラEの創設者でGP2チームの前オーナーのアレハンドロ・アガクだろう。彼は、モータースポーツに対して大きな情熱を持つ、熟練した政治家であり実業家だ。人は彼を“不屈の交渉人”と呼ぶ。

 彼はまずスペインのテレビ放映権からF1に関与していった。ベネトンとルノーの元チーム代表フラビオ・ブリアトーレとの密接な関係は、彼に取引と人間関係に関して素晴らしい土台を与えた。 彼はとても前向きな人間で、彼の番組を宣伝するためにデジタル世代を迅速に取り込んで行った。

 フォーミュラEにおける彼自身の野心次第だが、もし彼がF1に少しでも関わりたいと思うならば、ドアは彼の前に即座に開かれるだろう。

 野心家の45歳には拒否する事は難しいだろう。彼が組織の中でどんなポジションを思い描くのか想像してみるがいい。何と言っても、彼はつい最近、パリの中心部でストリートレース(フォーミュラEパリePrix)を見事に成功させたばかりだ。 この功績は、ジャン・トッドやバーニー・エクレストン、そしてすべてのチームとサーキット関係者の注目を集めたに違いない。

 しかし、この役割には注意が必要だ。エクレストンは何年もかけて、チームからの尊敬を育てあげてきた。そして、フェラーリのような自由思想の巨人とも上手く強調して操ってきたのだ。チームの全員が大きな報酬を手に入れる機会を得るために、アメとムチを駆使しながら操ってきたのだろう。

 候補者のもうひとりは、ブリアトーレの元会計士でリジェのゼネラルマネージャーをしているブルーノ・ミシェルだ。彼は、シリーズ開始からGP2、続けてGP3も指揮している。そして、F1のパドックにも精通しており、ほとんどのチームを知り尽くしている。しかし、これはおそらくモンテゼモーロの命令によるものだろう。つまり、彼はモンテゼモーロが投資および運営したFOTA(フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション)が解散する前に、チームがどのように動いているのかを学んだのだ。チームがエクレストンを信頼しているように、彼の事も信頼するだろう。

ホーナーとエクレストンの密接な関係

 グローバルビジネスの経験はF1成功への鍵となるだろう。そして、エクレストンが自分の軌跡を残している傍らで、無視できないふたりの強力な候補者がいる。

 ネスレの前社長(現会長)ピーター・ブラベック・レツマットと世界有数の広告代理店WPPのCEOのサー・マーティン・ソレルはF1グループの親会社、デルタ・トプコの独立非常勤取締役を努めている。

 イギリスの酒造メーカーであるディアジオの元CEOポール・ウォルシュはF1界の頂点で助言を行っていたが、イギリスで展開するスーパーマーケットのセインズベリーズ元CEOジャスティン・キングと共に去って行った。

 もちろん、エクレストンは彼のために働く非常に有能なスタッフを抱えている。例えば、彼の法務責任者サシャ・ウッドワード・ヒルや、エクレストンのために熱心に商業側の監視を行っていたTWRの元弁護士ケート・ビーバンなどの信頼できる側近だ。

 商業事項と言えば、スポーツマーケティングの第一人者ザク・ブラウンは、大きなスポーツイベントを最近立て続けに成功させているため、スポンサー関連の問題があれば確実に呼び出されるだろう。

 クリスチャン・ホーナーは、後任計画を実現するためにバーニーと緊密な関係を築いていると、長い間ささやかれて来た。確かに、レッドブルで彼が行って来た事を考えると、的を得た話だ。他のチームの主導者を念頭に考えると、トト・ウォルフも候補者のひとりと言えるだろう。

F1の将来を握る人物

 全てをまとめると、エクレストンが他に類を見ない存在だと言う事がよく分かるだろう。謎めいた事を話す小さな男は、時間から切り離されているかのようで、ミュンヘン裁判所の回転ドアでまごついていると思われているが、実際にはブロックの中の鋭いナイフだ。そして、常に彼の辞任を求める人々でさえ、彼が実際に去ってしまったら寂しさを覚えるだろう。

 バーニーは、このスポーツを世界的な巨大イベントへと成長させた。彼が去った後、このイベントが引き続きうまくいくかどうかは、跡を継ぐ人々の手腕にかかっている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Bernie Ecclestone
記事タイプ コメンタリー