【F1】アストンマーチン、レッドブルのスポンサー契約延長

アストンマーチンは、昨年のオーストラリアGPでスタートしたレッドブルとのスポンサー契約を延長した。

 アストンマーチンとレッドブルのコラボレーションが実現した結果、レッドブルのマシンにアストンマーチンのロゴが掲げられ、レッドブルはアストンマーチンのハイパーカー『AM-RB 001』の開発に携わった。この関係は2017年も引き続き継続されることになる。

 アストンマーチンの社長兼CEOのアンドリュー・パーマーは「アストンマーチンとレッドブル・レーシングとの関係は、我々が期待していた通りに進んでいる」と語った。

「それは、全世界で我々のブランドを確立するのに役に立つ。このようなパートナーシップは技術革新及び、ブランド認知度の両面でビジネスに適しており、我々は喜んで2017年もパートナーシップを継続する」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは「AM-RB 001の驚異的な成功は、専門性とその中に宿る協調精神の証である。よってアストンマーチンとの関係を2017年まで延長することはシンプルなことであり、喜ばしい決断だった」

 アストンマーチンはAM-RB 001をサーキット専用モデルの25台も含め、全150台を生産するという。来年にはプロトタイプのテスト走行が行われ、2019年の初頭に出荷が予定されている。

【関連ニュース】

レッドブル+アストンのハイパーカー発表。リカルド、テストドライブを志願

レッドブル、タグホイヤーとのパートナーシップ契約を延長

レッドブル、エクソンモービルとパートナーシップ締結。マクラーレンとの関係終了

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース