【F1】アロンソのマネージャーのブリアトーレ、メルセデス移籍を否定

アロンソのマネージメントを担当するブリアトーレは、アロンソのメルセデス移籍の噂について、マクラーレンとの契約を尊重すると語った。

 メルセデスのニコ・ロズベルグがチャンピオンを獲得した直後に電撃引退を発表したため、チームは後任のドライバーを探す必要に迫られている。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ロズベルグの代わりとしてマクラーレンのフェルナンド・アロンソが移籍する可能性について、「検討している」と語った。

 しかしアロンソがF1にデビューして以来、彼のマネージメントチームに所属しているフラビオ・ブリアトーレは、マクラーレンとの契約が尊重されると主張している。

「シートが空くと、いつもフェルナンドの名前が挙がるのはなぜなんだ?」とブリアトーレは、イタリアの新聞紙ガゼッタ・デロ・スポルトとのインタビューで語った。

「(マクラーレンとの)契約があるし、我々はそれを尊重する」

 アロンソは、先週のロズベルグのショッキングな発表の直後に、ウルフに話を聞いたドライバーのひとりであると見なされている。しかしながら、メルセデスがアロンソを選ぶことは決してないと考えられている。それは契約の問題だけでなく、メルセデスがテクニカルパートナーだった、マクラーレン時代の2007年に起きたアロンソとルイス・ハミルトンの確執と、”スパイゲート”事件へのアロンソの関与が、メルセデスの首脳陣に問題視されているためだ。

 アロンソは以前にも2014年限りで契約を切り上げ、フェラーリを早期離脱した経験がある。しかしブリアトーレはその当時と現在では状況が異なり、チーム離脱はフェラーリの会長であったルカ・ディ・モンテゼモーロの承認の下で行われたものだと話した。

「当時とは状況が違うし、ルカとの合意があった」

「2014年にタイトルを獲得できなかったら、我々は契約を解除できることになっていた。ルカはその約束を守ったのだ。(マルコ)マティアッチが3年契約を提案してきたのは事実だが、我々はそれを断った」

【関連ニュース】

メルセデス”ドライバー”の求人広告を英国誌で掲載

メルセデス、ウェーレインの去就についてザウバーとの議論を中断

ロズベルグの後任候補はアロンソか? メルセデスが示唆

ラウダ「ロズベルグがメルセデスに”大きな穴”を開けたのは悩ましい」

ロズベルグ「『引退する』と言う”勇気”があるとは思えなかった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Fernando Alonso
チーム McLaren , Mercedes
記事タイプ 速報ニュース