【F1】ウイリアムズ代表が肺炎から回復し、退院を発表

フランク・ウイリアムズは、9月より罹っていた肺炎から回復しウイリアムズのファクトリーに復帰する。

 ウイリアムズの代表であるフランク・ウイリアムズと、彼の娘であり副チーム代表でもあるクレア・ウイリアムズは、モンツァ(イタリアGP)以降のレースで姿を見せていない。フランクは肺炎を患い、入院していたのだ。

 父親が回復するまで看病するという意向を示していたクレアは、ついにフランクが退院したことを発表した。

 彼女は2017年ドライバーラインアップの発表会で次のように話した。

「私は彼が退院し、ウイリアムズのファクトリーに戻ってこれることをとても嬉しく、幸せに思います」

「もう皆さんはご存知かもしれませんが、彼は月曜日に病院から退院しました。彼はイタリアGP後に肺炎に罹り、9月から入院していました」

「それは緩やかな回復具合でした。その間に、彼は私たちが知っている愛に溢れた昔のクランクに戻っていました。彼が私たちのチームに戻ってこられることはとても素晴らしいことです」

【関連ニュース】

【F1】ウイリアムズ、2017年ドライバーラインアップ発表。18歳のストロールを起用

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース