【F1】ウイリアムズ「ストロールがミスするのを受け入れる準備がある」

ウイリアムズのテクニカル部門を率いるパット・シモンズは、ランス・ストロールが来季ミスを犯すのを受け入れる用意があると語る。

 今季のヨーロッパF3選手権の王者であるランス・ストロールは、まだ若干18歳。来季はバルテリ・ボッタスのチームメイトとして、ウイリアムズからF1デビューすることが決まっている。ストロールは、来年のF1グリッドで最年少のドライバーということになる。

 ウイリアムズのテクニカル部門を率いるパット・シモンズは、ストロールにとってミスを犯すことが、成長を促すプロセスの一部になると考えている。

 シモンズはロイター通信のインタビューでも、「もちろん彼はミスを犯し、我々はマシンを修理することになるだろう」と語っている。

「そういうことが起きるのは、過程の一部だ」

「彼のF3でのキャリアを見れば、2015年はクラッシュが多かった。特にモンツァでの一件は、驚くようなものだった」

 そうシモンズが語る通り、ストロールは2015年のモンツァでのレースで、大クラッシュを引き起こしている。

 しかしその後、ストロールは2016年のヨーロッパF3選手権を席巻し、14勝を挙げてタイトルを獲得した。

 彼にはF1での経験が不足しているのを認めつつも、シモンズはストロールとの契約が”本物”であることに疑いを持っていない。

「多くのスキルと成熟がなければ、彼はその選手権に勝つことはなかった」

 そうシモンズは語る。

「若いのにもかかわらず、彼はどんなコンディションでもかなりうまくこなしている」

「彼はうまくレースし、そして先頭をリードした。ウエットでのドライビングもうまい。彼の契約は本物だ」

【関連ニュース】

ストロール「結果でペイドライバーでないことを証明する。自分の実力を信じている」

ストロールのF1昇格、カナダGPに好影響。”暫定”扱いの契約更新に期待

ウイリアムズ、2017年ドライバーラインアップ発表。18歳のストロールを起用

ヨーロッパF3最終戦:ストロールが3連勝でシーズンを締めくくる

ウイリアムズ、”マルティニとの関係”により数週間後にストロール加入を発表か?

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Lance Stroll
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース