【F1】グロージャン「ハースの工場はマシン開発できる設備が整っている」

ハースのロマン・グロージャンは、ハースの工場には将来的にF1マシンを開発することができる設備があることを明らかにした。

 2016年にF1デビューしたハースは、イタリアのダラーラによって供給されるシャーシを使い、その他のコンポーネントはフェラーリの技術提供に頼っているため、チーム自身で設計を行う必要はなかった。

 ハースはデビューイヤーに29ポイント獲得し、コンストラクターズチャンピオンシップ8位で終え、成功を納めた。

 ハースのロマン・グロージャンは、ノースカロライナ州に位置するハースのカナポリス工場でマシンを製造することができるが、現在のところはフェラーリとダラーラの技術に頼る計画だという。

「当面は今やっている形態でやっていく」と彼はAUTOSPORT誌に語った。

「将来どうなるのかは、僕はわからない」

「カナポリスに工場があり、そこはF1チームを構えてマシンを作る準備が出来ている」

「自分自身でそれ(F1マシン)を全て開発しなければならなかったら、初めの年にやることは難しいだろう。なんせマシンはとても複雑で、とても難しいからだ」

2016年の鍵はフェラーリとの提携

 グロージャンは、フェラーリとの技術提携がデビューイヤーにあったチームの成功の鍵だったと語った。

「フェラーリと仕事をするのは素晴らしい経験だったし、エンジニアとシステムについて学んでおく必要があった」

「僕たちは大部分を彼らのパーツに頼っていたから、彼らがどのように働いているのか、僕の今のレベルでどれくらい助けることができるのか、また共にやってきたことで得られた経験と共に行う彼らのオペレーションを見ることは面白いものだった」

「僕たちはとても満足しているし、彼らの助けなしにここまでやれたとは思っていない」

Lawrence Barretto / Autosport

【関連ニュース】

マグヌッセン「ハースにはルノーよりも可能性がある」

来季に期待するグロージャン「タイヤが機能すれば、ハースはもっと強くなれる」

ハース、グティエレスと再度話し合いを行うことを示唆

グロージャン「セクター1でスーパーフォーミュラの方が速いなんて嫌だ」

過激なラジオで名高いグロージャン「僕は感情的なタイプ。チームは理解してくれている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Romain Grosjean
チーム Haas F1 Team
記事タイプ 速報ニュース