【F1】ザウバー、2017年はナッセに代わりウェーレインを起用か

ザウバーは、エリクソンのチームメイトとしてパスカル・ウェーレインを起用するための契約の最終段階を迎えているという。

 ニコ・ロズベルグが引退を表明して以降、パスカル・ウェーレインとバルテリ・ボッタスがその後任候補と推測されたきた。しかし結局は、ボッタスが正式にメルセデス入りすることになりそうだ。

 ウェーレインもメルセデスのシートを狙ってきたが、彼にはF1での十分な経験がなく、特にルイス・ハミルトンのような手強い相手とのバトルの経験がないので、彼を起用することはチームにとって大きなリスクになるとメルセデスは考えたようだ。

 この状況に詳しいある情報源によると、メルセデスは2017年はウェーレインをザウバーで起用することに合意したという。最終的な細かい内容は現在交渉中であるが、近日中にも契約が締結されるという。

 そしてメルセデスは、ボッタスとの契約を選択したとみられている。ボッタスの移籍後、ウイリアムズにはフェリペ・マッサが復帰し、ルーキーのランス・ストロールと共に2017年シーズンを戦うという。

 ボッタス、ウェーレイン、そしてマッサに関する発表は、各チームが厄介な状況に陥ることのないように調整されているだろう。

 また、これによって残りのシートはマノーのみとなった。マノーは現在、複数の投資家とチームの売却交渉を行っている。このマノーのシートは、エステバン・グティエレスやフェリペ・ナッセ、またリオ・ハリアントらが争っているようだ。

【関連ニュース】

【F1】ボッタス、メルセデスのファクトリーを秘密裏に訪問

トト・ウルフ「移籍が決まればボッタスのマネージャーを辞める」

【F1】来季が不透明のナッセ「困難だったがそれでもアピールはできた」

【F1】最下位マノー、売却交渉進行中。メキシコGP仕掛け人が有力候補

【F1】グティエレス、フェラーリのリザーブも視野に。「結果を求めて周りが見えていなかった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Pascal Wehrlein
チーム Sauber
記事タイプ 速報ニュース