【F1】シモンズ、ウイリアムズと契約更新せず。ロウ加入への布石か?

ウイリアムズは、技術チームのトップであるパット・シモンズが今年限りでチームを離れることを発表した。

 ウイリアムズのチーフ・テクニカルオフィサーを務めるパット・シモンズが、今季限りでチームを離れることが正式に発表された。

 シモンズは2013年にウイリアムズに加入。この契約期間は3年であり、今年の12月31日で切れることになっている。

「パットはこの3年間、チームにとって素晴らしい財産でした」と、ウイリアムズの副代表であるクレア・ウイリアムズはチームの声明の中でコメントを発表している。

「パットの加入は、チームを大きく再構築する初期段階でした。そして、今よりもはるかに強いチームにウイリアムズを改革していく上で、重要な役割を果たしてきました。彼の努力とコミットメントに対して、感謝しています」

 ウイリアムズには、メルセデスからパディ・ロウが移籍してくるとの情報がある。シモンズがチームを離れることが明らかになったことで、この情報の信憑性が高まり、体制移行のプロセスは加速しているものと見られる。

 ウイリアムズは今後の体制について「我々は将来を見据え、チームの技術的リーダーシップについての詳細を発表する予定です」とコメントしている。

 シモンズはF1で非常に長いキャリアを誇り、特にルノーの全盛期にチームを支えた主要な人物のひとりだった。しかし2008年のシンガポールGPで起きた”クラッシュゲート”の責任を問われ、F1への関与を禁止されてしまった。この処分が解けた後、シモンズはヴァージン・レーシングのコンサルタントとしてF1に復帰。その後ウイリアムズに加入した。

 【関連ニュース】

メルセデスのパディ・ロウ、ウイリアムズ移籍が濃厚か?

パディ・ロウ、メルセデスとの交渉難航。ウイリアムズ移籍も?

ウルフの命令を拒否したロウ「ハミルトンは”問題ない”」

メルセデス、ロウとの関係悪化でジェームス・アリソンに接近か?

パディ・ロウ、フェラーリ移籍が噂されるも否定「ウルフとうまくやっている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Williams
記事タイプ 速報ニュース
タグ pat symonds