【F1】タイヤの年間供給数は42,792本! 数字で振り返る2016年のF1

F1のタイヤサプライヤーであるピレリは、2016年F1に関する様々な数字を公開した。

 F1のタイヤサプライヤーであるピレリは、2016年のF1に関する数字を公表した。今季最もオーバーテイクしたドライバーや、総走行距離などレースやドライバーに関するあれこれや、様々な角度からピレリの内情を知れる数字まで明かされている。

 ピレリのピレリ・モータースポーツ代表であるポール・ヘンベリーは2016年のF1について次のように語っている。

「2016年はトラックの内外問わず、信じられないほど驚くべきことがあるシーズンであった。その事実と数字は、今季が歴史的な1年間として残っていくことを物語っている」

「ピレリは、新しいコンパウンドであるウルトラソフトタイヤをチームに供給し、チームが1レース中に使えるタイヤを3種類にする新たなレギュレーションを導入した。このルールは今季のハイライトであり、F1のレベルをより高めることができたことが判明した1年でもあった」

「また我々は意図的にデグラデーション(タイヤ性能の劣化)の激しいタイヤをシリーズ終盤で供給したが、来季からはF1の新たなレギュレーションに沿った新案を採用している。2016年シーズンが終わったと同時に、我々は2016年のプロトタイプマシンを使用し、8月から継続している2017年用の幅広タイヤのテストを行なっている。累計24日行なっているこのテストでは、より長い距離を走らせることに成功し、F1の歴史の中でもより高いレベルのパフォーマンスを発揮している」

 2016年F1タイヤ事情

・2016年に供給されたタイヤの総本数:42,792本

 レースの週末で供給されたのが38,792本、テスト用に4,680本

 スリックタイヤが28,188本、ウエットまたはインターミディエイトタイヤが14,604本

・レース中に使用されたタイヤの総本数:15,652本

 スリックタイヤが13,844本、ウエットまたはインターミディエイトタイヤが1,808本

・リサイクルされたタイヤの総本数:すべて

・各コンパウンドでの総走行距離数(テストを除く):

 ハード:759km(ダニエル・リカルド/レッドブル)

 ミディアム:3,597km(バルテリ・ボッタス/ウイリアムズ)

 ソフト:6,566km(セルジオ・ペレス/フォースインディア)

 スーパーソフト:4,598km(バルテリ・ボッタス/ウイリアムズ)

 ウルトラソフト:2,052km(ニコ・ロズベルグ/メルセデス)

 インターミディエイト:444km(ジェンソン・バトン/マクラーレン)

 ウエット:523km(ルイス・ハミルトン/メルセデス)

Pirelli tyres

Pirelli tyres

Photo by: XPB Images

2016年F1ピットストップ事情

・ピットストップの総回数:933回(内4回ドライブスルー、1回ストップ&ゴー)

 1レースあたりの平均回数:44.4回、1レースの1ドライバーあたりの平均回数:2.01回

 最もピットストップ回数が多かったレース:中国GP(66回)

 最もピットストップ回数が少なかったレース:ロシアGP(26回) 

Felipe Massa, Williams FW38 makes a pit stop
Felipe Massa, Williams FW38 makes a pit stop

Photo by: XPB Images 

2016年F1オーバーテイク事情

・オーバーテイクの総回数:866回*1

 1レースあたりの平均回数:41.2回

 最もオーバーテイク回数が多かったドライレース:中国GP(128回*2)

 最もオーバーテイク回数が多かったウエットレース:ブラジルGP(64回)

 最もオーバーテイク回数が少なかったドライレース:ハンガリーGP(10回)

 年間で最もオーバーテイクしたドライバー:マックス・フェルスタッペン(78回*2)

 1レースで最もオーバーテイクしたドライバー:ルイス・ハミルトン(中国GPで18回)

 最もオーバーテイクされなかったドライバー:セバスチャン・ベッテル(1回/ブラジルGPの66周目でマックス・フェルスタッペンに5番手を奪われた)

・オープニングラップで最もポジションを上げたドライバー:フェルナンド・アロンソ(41ポジション)

・最もオーバーテイクを成功させたチーム:レッドブル(ダニエル・リカルド61回、マックス・フェルスタッペン60回、ダニール・クビアト15回)

・最もオーバーテイクされなかったチーム:メルセデス(ニコ・ロズベルグ4回、ルイス・ハミルトン3回)

*1:オーバーテイクのカウントは完全な走行ラップ中のオーバーテイクのみ(オープニングラップは回数に含まない)、その後フィニッシュラインに到達したものだけカウントする。マシントラブルによるポジションの入れ替えや、ラッピング/アンラッピングはカウントしない。

*2:1983年以降の最高値(データを集計し始めた年度)

Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H, Max Verstappen, Red Bull Racing RB12, Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF16-H, Max Verstappen, Red Bull Racing RB12, Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H

Photo by: Ferrari

2016年F1サーキットとレース事情

最長レース:ブラジルGP(3時間1分01秒335)

最短レース:イタリアGP(1時間17分28秒089)

最速レース:イタリアGP(勝者ニコ・ロズベルグの平均速度は237.558km/h)

ピレリPゼロF1タイヤの最高速度:372.5km/h(メキシコGPでのバルテリ・ボッタス*)

最も多くファステストを記録したドライバー:ルイス・ハミルトン(レース3回、予選12回)

年間累計リードラップ数:566周(ルイス・ハミルトン)

*:F1公式でのニューレコード(従来の記録:370.1km/h、2005年イタリアGP時のキミ・ライコネン) 

Lewis Hamilton, Mercedes F1 Team testing 2017-spec Pirelli tyres
Lewis Hamilton, Mercedes F1 Team testing 2017-spec Pirelli tyres

Photo by: Pirelli

2017幅広タイヤテスト

プロトタイプのテスト回数:96回

タイヤの幅:+25%

ピレリのテストプログラムに参加しているチーム数:3チーム

関係しているドライバー数:11名(フェラーリ4名、レッドブル4名、メルセデス3名)

テスト日数:24日

ラップ総数:2,613回

総走行距離数:12,148km

サーキット数:5ヶ所(アブダビ、バルセロナ、フィオラノ、ムジェロ、ポール・リカール)

2017年幅広タイヤでの各ドライバーの総走行距離数:

 パスカル・ウェーレイン(メルセデス):3,248km

 ピエール・ガスリー(レッドブル):2,494km

 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ):2,228km

 セバスチャン・ブエミ(レッドブル):1,190km

 キミ・ライコネン(フェラーリ):1,054km

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル):517km

 エステバン・グティエレス(フェラーリ):480km

 アントニオ・フォッコ(フェラーリ):478km

 ニコ・ロズベルグ(メルセデス):209km

 ダニエル・リカルド(レッドブル):200km

 ルイス・ハミルトン(メルセデス):50km

Paul Hembery, Pirelli Motorsport Director with the 2017 Pirelli F1 tyres
Paul Hembery, Pirelli Motorsport Director with the 2017 Pirelli F1 tyres

Photo by: XPB Images

 その他の数字

・2010年以降ピレリタイヤを装着したマシンを運転したドライバー数(リザーブ含む):102名

・2016年までのピレリPゼロの全コンパウンド総走行距離数:384,705km

 ハード:14,236km

 ミディアム:99,447km

 ソフト:133,988km

 スーパーソフト:86,014km

 ウルトラソフト:3,1647km

 インターミディエイト:8,278km

 ウエット:11,095km

・テスト走行の走行距離総数:61,772km(うち12,000km以上が2017年の幅広タイヤによるもの)

・2016年レースの総走行距離数:123,534km

・2016年の世界チャンピオンが記録したファステストの回数:14回(レース6回、予選8回)

・2016年のドライレースの中での最低速度:155.992km/h(ニコ・ロズベルグ、シンガポールGP)

・決勝レース中に記録された最低路面温度:15℃/カナダGP

・レースの週末中に記録された最低路面温度:13℃/メキシコGP

・決勝レース中に記録された最高路面温度:59℃/マレーシアGP

・レースの週末中に記録された最高路面温度:61℃/マレーシアGP

・決勝レース中に記録された最低気温:11℃/カナダGP

・レースの週末中に記録された最低気温:11℃/カナダGP

・決勝レース中に記録された最高気温:37℃/マレーシアGP

・レースの週末中に記録された最高気温:37℃/マレーシアGP

Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H leads at the start of the race
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H leads at the start of the race

Photo by: XPB Images

ピレリチームとそのゲスト

各レースに出場したピレリチーム員:平均60名

ピレリF1チーム内の国籍数:9カ国

チームメンバーが話す言語数:10ヶ国語

ピレリF1チームによって書かれたプレスリリース:234枚

インフォグラフィックスの枚数:210枚

Twitterの公式アカウント(@PirelliSport)から送信されたツイート数:2,100回

シーズンを通してパドック内で配布されるピレリのノートブック:2,550冊

ゲスト:5,600名

ピレリチャンピオンキャップ販売個数:15,000個

Pirelli staff in Spa-Francorchamps
Pirelli staff in Spa-Francorchamps

Photo by: Franco Nugnes 

2016年ピレリのホスピタリティ

ピレリのホスピタリティユニットで提供された食事(テスト日も含む):15,600食

ピレリで提供された水のリッター数:15,600L

ピレリのシェフによって提供されたパスタのグラム数:900kg

ピレリのシェフによって提供されたピザの枚数:420枚

ピレリのホスピタリティユニットで提供されたデザートのレシピ数:50

ピレリで提供されたデザート:7,500食

ピレリで提供されたコーヒー:約30,000杯

年間に使用したオリーブオイルのリッター数:500L

【Pirelli Motorsport Media Office】

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース