【F1】ハミルトン「チームメイトとは”平等”な立場でいることを望む」

ハミルトンは、ロズベルグに代わる新たなチームメイトと、公平な待遇を受けることを望んでいると話した。

 先週行われた最終戦アブダビGPでチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグ(メルセデス)は、金曜日に突然F1からの引退を発表した。

 メルセデスのチーム代表トト・ウルフは、この発表は予想していなかったものだと認め、ロズベルグに代わるドライバーはまだ決まっていないと話した。またルイス・ハミルトンは、チームメイトの選択は完全にチームに任せるという。

 ハミルトンは、「誰を選択しようが問題じゃない。僕は彼らとレースをするつもりだし、レースをするためにここにいる。もう完全に来年に集中しているし、今年よりも良いシーズンになることを願っている」と話した。

「チームメイトに関して何か要求したことはない。セバスチャン(ベッテル/フェラーリ)やフェルナンド(アロンソ/マクラーレン・ホンダ)といったたくさんのドライバーを知っているけど、彼らには彼らの契約があるということは明らかだ」

「僕は常に公平な扱いを望んできた。僕らが公平な待遇を受けることができる限り、誰がチームメイトになろうと問題じゃない。もちろん、チームには優れた首脳陣がいるから、メルセデスにとって適切なドライバーを選ぶと思っている」

「一貫性を持ったドライバーを望む」ハミルトン

 ハミルトンに対し、「自分をプッシュしてくれるチームメイトか、それとも簡単に勝てるような人物が好ましいか」とmotorsport.comが尋ねたところ、彼はこう答えた。

「僕をプッシュできるようなドライバーを望んだことはない。ドライバーが優れた人物であればあるほど、その人の前でフィニッシュした時のフィーリングが良くなる」

 またハミルトンは、メルセデスがレッドブルのようなライバルと戦っても勝てるように、ロズベルグのような一貫性のあるドライバーを望んできたと話した。

「チームに加入できるだけの価値があって、ポジティブなやり方でチームを代表できるドライバーが必要だ。良い仕事をするという道徳観があって、一貫性のあるドライバーだ。そうすれば僕らは、コンストラクターズ選手権でもチャンピオンを取ることができる」

「ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン(ともにレッドブル)がとても一貫性を持っているのは周知のとおりだ。彼らがチームの最初の目標であるコンストラクターズ選手権のタイトルに挑んだことからも、僕たちはこれまでのように一貫性を持つドライバーが必要だ」

 新たなドライバー決定に関して、自身の考えを考慮して欲しいかと聞かれたハミルトンは、「正直、それについては気にしていない。彼らが僕と話し合いたいと望めば、それについて話すことになる」と話した。

「チームでうまくやっていける人が必要だ。より強いドライバー、そうでないドライバーがいて、中には勝負に勝つために異なるルートを取るドライバーもいるだろう」

「確かに、そこには良いドライバーとより良いドライバーがいる。その分析を手伝うことができればよりハッピーだ」

 また彼は、こう付け加えた。

「誰が僕のチームメイトになりたいと思っているのか、興味がある。誰がそう思っていても、僕はそれを尊重する」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

”親友”ハミルトンに引退を伝えていたロズベルグ「今夜はルイスと語り合えるかも」

ハミルトン「ロズベルグの引退発表に驚いていない」と語る

引退発表のロズベルグ「鈴鹿で勝った後、引退を意識し始めた」

ロズベルグの電撃引退……。ウルフ「予想していなかった出来事だ」

フォトギャラリー:ニコ・ロズベルグ

ロズベルグ「鈴鹿で流れが変わった。そこから、プレッシャーを感じ始めた」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース