【F1】ヒュルケンベルグ「タイヤマネージメントからの解放を願う」

ニコ・ヒュルケンベルグは、ピレリの新しい2017年用の幅広タイヤによって、これまでのタイヤ管理から解放されることを願っている。

 過去数年、F1タイヤの摩耗を高めるように求められていたピレリは、一転して2017年には劣化が少なく、より機能させやすいタイヤを生産することでF1のスピードを上げ、タイヤの管理からドライバーを解放するという任務を負っている。

 フォースインディアからルノーに移籍し、7年目のシーズンを迎えるニコ・ヒュルケンベルグは、こうした変更が実を結ぶか確信はないものの、この哲学の変化を支持している1人だ。

 2017年に導入されるF1の新しいルールの方向性について、全体的に楽観的かどうかを問われたヒュルケンベルグは「僕は確信できていない。現時点ではマシンやタイヤがどういう挙動をするかわからない。まだタイヤを試していないので、それを考えるのは少し早すぎる。それを知ることができるのはテストをしてみて、何回かレースをした後だけだ」と答えた。

「もう少し自由にプッシュできて、そんなにタイヤを管理しなくてよくなることを願っている。しかし、そうなるかどうかは確信できない」

 現代F1ではタイヤのマネージメントに重点が置かれていることについて、フラストレーションを感じているかと問われたヒュルケンベルグは「確かに、そう思う瞬間はある。一方で、いい仕事をしてそれを克服するのは別のチャレンジだ」と答えた。

「時々、(タイヤに)制限されているように感じることもある。当然、ドライバーは常にプッシュしたいと考えているからだ。常にそれが可能なわけではないから、バトルを選んで、プッシュするかどうか決める必要がある。よし、今はプッシュだ。今はセーブだってね」

 F1のタイヤに関するもうひとつの大きな話題は、フルウエットタイヤのパフォーマンスだ。雨となったブラジルGPで、ウエットタイヤがアクアプレーニングに対処できず中断が繰り返されたため、何人かのドライバーがウエットタイヤの性能に不満を述べたのだ。

「明らかにみんなが知っていたことだが、タイヤの水たまりに対処する能力や、排水する能力をもっと上げる必要があることを、僕たちはブラジルで強烈に思い知らされた」とヒュルケンベルグは語った。

「しばらく前から、みんなそれを知っていたと思うけど、ウエットレースがほとんどなかったので、それが話題に上がらなかった」

「でも今は、僕たちが(ウエットで)レースをすることができないために、話題に上がっている。(ブラジルでは)実際大雨ではなく霧雨だったが、アクアプレーニングが起こってしまい、レースを中断させるには十分だった」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

表彰台未経験のヒュルケンベルグ「自身の不幸は”笑うしかない”」

ボッタス「2017年マシンは速いが、ドライブに大差はない」

ブルツ「F1の安全性を高め、時速450kmまで速くするべき」

【F1】シモンズ「マシン開発が未熟なままシーズンを迎えるかも」

ピレリ、2017年開幕2レースのタイヤ選択を発表

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Nico Hulkenberg
記事タイプ 速報ニュース