【F1】ピレリ「各チームの2017年マシンのシミュレーション結果は、似たようなものになってきた」

ピレリは2017年に向けた開発において、各チームから寄せられるシミュレーション結果の数値が、収束してきたことを明かした。

 ピレリは2017年の大幅なレギュレーション変更に伴い、発生されるダウンフォースのレベルとタイヤにかかる負荷について、2017年の開幕時点でどうなるか、そしてシーズン中の空力開発を経て、最終戦でどうなるのかという、各チームの推定値を評価する作業に取り組んできた。

 初期の推定値は大幅なギャップがあったが、現在は少なくとも来季開幕時については、非常に近い数字になってきているという。

 ピレリのレーシングマネージャーであるマリオ・イゾラは、motorsport.comに次のように話している。

「初期の段階で、各チームから受け取った予測値が大きく異なっていたというのは事実だ」

「その後、我々は彼らのシミュレーションに則り、モデルタイヤを用意してチームに供給した。この業務は継続され、そしてチームは我々に対して異なる予測をもたらした」

「現時点では、その予測値の差は小さくなってきている。初期に比べるとはるかに正確だ。2017年初めに期待される性能を考慮するならば、かなり良い傾向になってきていると私は思う」

「我々はまた、2017年シーズン終了時点の推測値も受け取らなければならない。もちろん、来季の完全に新しいマシンが、1年間の開発によってどれほど発展していくのかを考慮しなければならない。この値は、(チームによって)まだ差がある」

「しかし、開幕時の推定値は、多かれ少なかれ収束しつつある。とはいえ、現時点で報告を受けているシミュレーションのデルタはまだ1秒以上ある」

「しかし、1〜2秒の差というのは、良い推定値であると我々は考えている。5〜6秒も差があるわけではないからね」

【関連ニュース】

ピレリ「現行のテストカーではダウンフォースが著しく足りない」

ピレリ「2017年の新タイヤは、F1に”素晴らしい”結果をもたらす」

ピレリのタイヤテスト計画をF1が承認

【解説】”5秒”速い!? 2017年のF1マシンを徹底解説

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ pirelli