【F1】フェラーリ、ロズベルグを賞賛「彼は”別の人生”を探している」

フェラーリのCEOであるマルキオンネとチーム代表であるアリバベーネは、ロズベルグの引退発表に対し、肯定的な意見を述べた。

 フェラーリのCEOであるセルジオ・マルキオンネは、デイトナで開催されたフェラーリ・ワールド・ファイナルにて、メルセデスのニコ・ロズベルグが突如引退を発表したニュースに対し、他の人と同じように驚いていたことを明かした。その後マルキオンネは、すぐにメルセデスのチーム代表であるトト・ウルフに連絡をしたという。

 ロズベルグのニュースに対しどのように感じたか問われると、マルキオンネは次のように答えた。

「私はトトにメッセージを送った。そのニュースを見た時、飛び上がった。そして違った意味でも驚いた。私は勇気ある発表をしたロズベルグを賞賛している」

「人生とはタイミングが全てだと、私は思う。彼はF1チャンピオンになってF1を引退する。それ以上に(成績が)良くなることはできないのだから」

「ニコは人生の大部分をレースに費やしてきたのだろう。チャンピオンになったということは、彼の目標は達成したということだ。私は彼がその決断をしたことを賞賛している」

「また、私はこの出来事によりメルセデスが弱くなるとは期待していない。彼らがまだルイス・ハミルトンを擁していることを忘れてはならない。彼らは(ロズベルグと)同じくらい、ポテンシャル溢れるドライバーを選出してくるに違いない」

”別の人生”を探しに

 フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、ロズベルグはF1で第一目標を達成したことにより、次はF1以外での”別の人生を探している”ということを信じている。

「テクノロジーが集中した現代では、時に我々は自分が人間であることを忘れてしまう」とアリバベーネは語った。

「私は彼の決心を尊重したい」

「時に我々は、右を見て、左を見てとやっていると、自分たちの中心に脳と心があることを忘れてしまう。ニコはきっとそのことを感じていた。そして別の人生を探しに行ったんだ」

【関連ニュース】

ラウダ「ロズベルグがメルセデスに”大きな穴”を開けたのは悩ましい」

ロズベルグ「『引退する』と言う”勇気”があるとは思えなかった」

ウルフ、ハミルトンのチームメイトに「ビッグネームは不要」

"ロズベルグの代わり"を探すラウダ、「若いドライバーはリスク」

引退発表のロズベルグ「鈴鹿で勝った後、引退を意識し始めた」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース