【F1】フェルスタッペン、オランダの最優秀スポーツマンに選出

マックス・フェルスタッペンが、母国オランダのスポーツマン・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、スペインGPでフェラーリの2台とチームメイトのダニエル・リカルドを下して、自身のF1初優勝を記録した。この勝利はF1史上最年少優勝の記録を更新すると共に、オランダ人ドライバーとしても初めての勝利ということになった。

 この成績が評価され、フェルスタッペンはオランダのスポーツマン・オブ・ザ・イヤーを受賞。現地時間12月21日の夜に授賞式が行われた。フェルスタッペンはこの授賞式には参加できなかったため、元F1ドライバーのヤン・ラマースが代理で出席。フェルスタッペンはビデオメッセージを送り、受賞について「非常に光栄に思う」と語った。

「多くのハイライトがあり、僕にとっては素晴らしいシーズンだった」

 そうフェルスタッペンは語る。

「僕がいつも覚えていること、それはもちろん勝ったことだ。それはとても感動的な瞬間だった」

「とても若い頃から、懸命に働いてきたことだ。みなさんはこれを理解してくれると思う」

 フェルスタッペンはまた、今年の3月に亡くなったオランダのサッカー界の伝説であるヨハン・クライフについても語った。クライフは亡くなる数週間前にバルセロナで行われていたF1のプレシーズンテストを訪れ、フェルスタッペンと会っている。

「彼(クライフ)に会えたのはとても嬉しかった」

 そう語るフェルスタッペン。

「このことは勝利を挙げた後、もちろんとても感情的なことだった」

 クライフを思い起こさせる数字といえば”14”である。この数字に、フェルスタッペンは奇妙な関係性を感じたという。

「僕は彼の本を読んだ。その本では、彼は数字に魅了されたと言及していた。そして、僕が最初に勝ったレースの走破タイムは1時間41分40秒だった。2回も14が入っているんだ! これは特別なことだと思う」

【関連ニュース】

若手育成は機能していない? メルセデスとレッドブルが舌戦

レッドブル「フェルスタッペンが非難される理由がわからない」

エクレストン「フェルスタッペンだけがハミルトンに挑戦できる」

ビルヌーブ「10代の若手が簡単にデビューするのは間違っている」

トロロッソ、2018年にレッドブルとのリソース共有を目指す

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Max Verstappen
チーム Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース