【F1】フェルスタッペン「メルセデスのふたりを特別扱いしたら、価値ある王者じゃない」

マックス・フェルスタッペンは、タイトルを争うメルセデスのふたりを特別扱いするつもりはないと語る。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンはメキシコGPの決勝レースにおいて、ポイントリーダーのニコ・ロズベルグ(メルセデス)に対してアグレッシブなバトルを仕掛けた。その後、メルセデスの代表であるトト・ウルフは、マックスの父親であるヨス・フェルスタッペンに電話をかけた。

 ウルフはその電話の中で、タイトル争いに影響を及ぼすかもしれない若いドライバー(=マックス・フェルスタッペン)に対しての心配を語ったことを認めた。しかしそれは友好的なやりとりだったと主張している。そしてフェルスタッペン自身も、その主張を支持した。

 タイトル争いをするふたりから離れて欲しいというメルセデスの要求に従うかと訊かれたフェルスタッペンは、次のように答えた。

「そんなことを本当だとは思わないよ。僕はそれが少し誇張されたと思う」

「それは一般的なやりとりだった。すべてを言う必要はないと思うけど、それはプライベートな会話だった。しかし、そんなようなことではなかった」

 しかしフェルスタッペンは、タイトルを争う二人、ロズベルグとルイス・ハミルトンと戦うことに対し、何の変化もないと語った。

「僕はアプローチを変えないだろう。そのやりとりはよく理解できる。でも僕はドライバーとして常に最高の仕事をしようとしていると思う」

 メルセデスの二人と同じような状況に置かれていたとしたら、どう感じるかと訊かれたフェルスタッペンは次のように語った。

「僕らは誰もが、レースをするべきだと思う。最後のレースまで、彼らは勝利のために戦うべきだ。そうじゃなければ、価値あるワールドチャンピオンじゃない。そうだろ?」

 フェルスタッペンは、ウルフが自分の父親に対して、ドライビングに関する話をしたことについて驚いたと認めた。しかし、それを心配することはないと語った。

「僕らは皆、レースをしたい。そして、最終的にはそれはメルセデスが望んでいることだ」

 そう彼はSkyに対して語った。

【関連ニュース】

F1ブラジルGP予選:小雨のサンパウロ、勝負のセクター3。ハミルトンがポール獲得

F1ブラジルGP:レッドブル、メルセデスの速さを認めるも「土曜日はコンディションが変わる」

フェルスタッペン、来季へ向け準備万端。「あとは経験と勝てるマシンだけ」

ドライバータイトルがかかるブラジルに”自然体”で臨むメルセデス

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Max Verstappen
チーム Mercedes , Red Bull Racing
記事タイプ 速報ニュース