【F1】フォースインディア、ジョニーウォーカーとスポンサー契約を締結

10年以上マクラーレンのスポンサーシップを継続してきたジョニーウォーカーは、来季よりフォースインディアともスポンサーシップを締結する。

 2005年、スコッチウィスキーのブランドであるジョニーウォーカーはマクラーレンとパートナーシップを組み、F1への関わりを開始した。

 チームは10年間のパートナーシップを祝った後、2016年初頭に契約を延長させた。その契約は2017年が最後のシーズンとなる。

 来年、ジョニーウォーカーはフォースインディアとマクラーレンの両方とパートナーを組むことになり、その後はフォースインディアとの関係を強めていくことが予想される。

 近年、ユナイテッドスピリッツ社の株を取得し、支配下に置くなどして勢力を増すジョニーウォーカーのブランドを保有するディアジオ社は、2014年以来スミノフブランドを通じてフォースインディアのスポンサードを行ってきた。

 来年以降、フォースインディアに掲げられているスミノフのロゴは、ジョニーウォーカーのロゴに置き換えられる。

 2016年のフォースインディアは、コンストラクターズチャンピオンシップで初めて4位になり、ベストなF1シーズンを過ごした。一方のマクラーレンはランキング6位で終えている。

【関連ニュース】

フォースインディア「選手権4位は我々の手の中にある」

フォースインディア「来年の4位争いはタイトになる」

フォースインディア「F1のストラテジーグループには欠陥がある」

ペレス激怒。トランプ当選を茶化したスポンサーとの契約を破棄「母国を馬鹿にさせない!」

アストンマーチン、レッドブルのスポンサー契約延長

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース