【F1】ブラウン「リバティのコンサルティングをしているだけ」と発言

ロス・ブラウンはF1の新しい所有者であるリバティ・メディアに加入したということを否定、彼らを手助けしているだけと語る。

 今週、ロス・ブラウンはF1の競技側の役割を担うことに合意し、チームと上部組織、そしてFIAの間の連絡役を務めることになると報道された。そしてその報道では、ブラウンはF1の競技面のみで働き、そしてF1の未来を形作るのに貢献するとされていた。

 しかしブラウンは水曜日、リバティメディアからまだ正式なオファーを受け取っていないと語った。

「リバティは、まだ何らかの約束を作るための十分な道筋を持っていない」

 ブラウンはそうBBCに対して語った。

「私は、彼らがF1をより理解するために少し手助けをしているが、それが全てだ」

 ブラウンは最近、F1に復帰することを検討していると発言したものの、チームに加入するのではなく、スポーツのトップとともに仕事をするのが唯一の選択肢だと語っていた。

【関連ニュース】

ロス・ブラウン、F1の運営に参加の可能性。チームとFIAの橋渡し役も

ロス・ブラウン「F1をより良いものにしていく立ち位置ならば、喜んでF1に戻る」

ブラウン、メルセデス離脱の理由を暴露。「ラウダとウルフは信頼できない奴ら」

ロス・ブラウン「フェラーリからの正式なオファーはない」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ ross brawn