【F1】ベッテル、ロズベルグの代役としてメルセデス入りすることを否定

セバスチャン・ベッテルは、引退を表明したニコ・ロズベルグの代役としてメルセデスに移籍することはないと断言する。

 デイトナで行われた”フェラーリ・ワールド・ファイナル”に出席したセバスチャン・ベッテルは、引退を発表したニコ・ロズベルグの決断を尊重すると共に「良い休日を!」とメッセージを送った。

 motorsport.comに2017年の契約状況、そしてロズベルグの代役としてメルセデスからの打診があったかと尋ねられたベッテルは、次のように答えた。

「僕とキミ(ライコネン)が来年の契約を結んでいるということは、大きな秘密ではないと思う。それはハッキリしているはずだ」

 ベッテルは、ロズベルグが抜けることで、来季のメルセデスが苦戦するかどうかという事について、コメントするのを避けた。

「僕は彼らの計画がどうなっているのか知らない。しかし、僕らは、まず僕ら自身のことで精一杯だ。多くの変化があるからとても忙しい」

 そうベッテルは語った。

「僕らにとっては明らかに、来季に向けてはとてもポジティブだ」

「チームは強くなってきていると思う。それはここ数カ月の間、コース上とファクトリーで感じてきたことだ。僕らは、より良いパッケージを手にすることができるはずだ」

 ベッテルは、ロズベルグの引退後の生活が素晴らしいモノになることを祈った。そして、彼がトップに立った際に引退するという決断を下したことを尊重すると語る。

「誰もが、自分が望むことを自由に行うことができると思う」

 そうベッテルは語った。

「僕は彼の決定を尊重する。そして僕は、彼は何か他のことをするつもりなんだと思う。その前に少し休みを取るんだろうと確信している。良い休日を!」

【関連ニュース】

ウルフ、ハミルトンのチームメイトに「ビッグネームは不要」

"ロズベルグの代わり"を探すラウダ、「若いドライバーはリスク」

ハミルトン「チームメイトとは”平等”な立場でいることを望む」

引退発表のロズベルグ「鈴鹿で勝った後、引退を意識し始めた」

【オピニオン】”電撃発表”ロズベルグの引退を改めて考える

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Nico Rosberg , Sebastian Vettel
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース