【F1】マクラーレンCEO「2017年の目標が4位だったら失望的だ」

マクラーレンCEOのジョナサン・ニールはチームのラインアップに満足しており、目標を高く持ち、早く勝利のために戦いたいと主張した。

 2015年にマクラーレンとホンダは、タッグを組みF1参戦を果たしたが、コンストラクターズランキング9位に沈み、厳しい初年度を過ごした。

 しかし、その翌年の2016年は信頼性と性能を向上させた強力なシャーシでレースを中団で戦い、入賞を狙えるほどに成長した。

 昨年マクラーレン・ホンダのドライバーを務めたフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンはチームにコンストラクターズランキング6位をもたらし、ウイリアムズに62ポイント負けたが、トロロッソには13ポイント勝つことができた。

 マクラーレンのCEOであるジョナサン・ニールは、来季も引き続き続投するアロンソとルーキーのストフェル・バンドーンの能力に信頼を置いており、さらに2017年からの大きなレギュレーション変更を加味すれば、昨シーズンよりマクラーレンは大きく改善され、さらに躍進できると考えている。

「(チームには)高い目標が必要だ。それが総合4位だったら失望してしまう」とニールはAutosportに語った。

「確かにこれはプラグマティズム(実用主義者)が考えることだ。しかし、その考えだけではチームが進歩することはできない」

「我々は勝ちたいし、早く勝利のために戦いたい」

「我々はレースチームを構え、勝てるドライバーを雇用している。そしてホンダのエンジンとマクラーレンのシャーシのギャップを埋めるために務めなければいけない」

「新たなエアロダイナミクスのプラットフォームと幅広タイヤが我々にチャンスを与え、それを我々は享受することができると思う。しかし、その結末はまだ誰にもわからない」

 レーシングディレクターのエリック・ブーリエは、2017年のマクラーレンは成功できると考えているが、一方マクラーレンが再び世界選手権に挑戦するための準備が整うのには、時間がかかることを認めた。

「本来であれば実用的な思考でありたい。しかし今はそこまで期待が高いというわけではない」と彼は語った。

「我々はこれまで総合9位だったが、昨年は6位に上がってきたので、今年はトップ4を狙えるはずだ」

「できる限り早く勝てるようになりたいと思うが、私は現実的に物事を考えている」

「ホンダのアプローチには満足しており、私自身もマクラーレンのエンジニアグループの働きに満足している」

Lawrence Barretto/Dieter Rencken

【関連ニュース】

ホンダ「2016年の進歩には半分しか満足していない」

ホンダ、パワーユニット一新でメルセデス式のレイアウトへ

ホンダF1総責任者の長谷川祐介に訊く、2016年の総評②

ホンダF1総責任者の長谷川祐介に訊く、2016年の総評①

「政治的問題で情熱が欠如している」と元マクラーレンのラミレス

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Fernando Alonso , Stoffel Vandoorne
チーム McLaren
記事タイプ 速報ニュース