【F1】マッサ引退撤回の意向。ボッタスのメルセデス入りが可能に?

フェリペ・マッサは、2017年もウイリアムズでのキャリアを継続することに合意。バルテリ・ボッタスがメルセデスへ移籍する可能性が高まった。

 最終的な契約にはまだ達していないものの、motorsport.comの調べによれば、フェリペ・マッサは引退を撤回することを決めたようだ。

 マッサは今季限りでの引退を発表。最終戦のアブダビGPをもってF1を離れたはずだった。

 しかしニコ・ロズベルグが突如引退を発表したため、メルセデスはその後任としてウイリアムズのバルテリ・ボッタスに白羽の矢を立てたと言われている。この移籍を可能にするため、マッサはもう1年ウイリアムズに在籍することに合意したようだ。

 大きなレギュレーション変更が行われる2017年シーズン、彼の豊富な経験はチームを助けることに繋がる。また、18歳の新人ランス・ストロールを迎えるウイリアムズとしても、そのチームメイトに経験豊富なドライバーを置くことは非常に重要だった。

 ウイリアムズはボッタスの移籍に難色を示していたものの、”フェリペ・マッサのような”後任が見つかった時のみボッタスの移籍を認める可能性を、チームの副代表であるクレア・ウイリアムズは示唆していた。

 マッサが引退を撤回する意思を示したことで、ロズベルグの後任としてボッタスがメルセデスに加入する道がはっきりしたことになる。

【関連ニュース】

【F1分析】ロズベルグの後任、ボッタス起用でも問題点は山積み?

サインツ「今は2018年に向けて”トロロッソ”に集中している」

スメドレー、マッサへの『アロンソの方が速い』指示の真相を激白

ハミルトン「相棒はロズベルグくらいのヤツじゃないと……」

ウイリアムズがボッタスとメルセデスの交渉を示唆、決定は来年か

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Felipe Massa , Valtteri Bottas
チーム Mercedes , Williams
記事タイプ 速報ニュース