【F1】マルチェロ、F1を断念「1年で10億必要なんて馬鹿げてる」

フェラーリの育成ドライバーだったラファエレ・マルチェロは、多額の資金が求められる現在のF1に苦言を呈している。

 イタリア人のラファエレ・マルチェロは、2013年にヨーロッパF3でタイトルを獲得し、翌年はGP2に参戦した。参戦初年度はランキング8位、2年目は7位という成績でシーズンを終えたが、彼はその後フェラーリの育成プログラムから外れた。

 今年はGP2で3年目のシーズンを過ごし、ランキング4位でシーズンを終えた。しかしマルチェロは、今やF1へのチャンスは存在しないと認めている。

 将来的にF1のグリッドへたどり着くチャンスについて尋ねると、彼はこう答えた。

「ゼロだ。10億円以上も資金が必要だが、僕にはそんなお金はない。だからF1へのチャンスはない。F1ではいつもお金が必要だ」

「現実的になる必要がある。馬鹿げた夢を抱いてはいけない。F1に行くにはお金が必要なんだ。もしお金がなければ、F1にはたどり着けない。自分ができないことを考える機会も重要だ」

「(キャリアを通して)うまくやってこれたと思っている。F3ではタイトルを取った。そのF3で僕が打ち負かしたたくさんのドライバーが今はF1にいる。だから彼らがそうできるなら、僕にもそれだけの資格はあると思う」

「でも僕は、彼らとは違うキャリアを進むことになる。それが僕にとって素晴らしいものになると信じている」

 2011年以来、F1ではイタリア人ドライバーの参戦はないが、マルチェロは、イタリアの企業がドライバーのサポートを渋っているせいで、このような状況になっていると考えている。

「僕たちは母国からサポートを受けてきたが、他の国ほどではない。イタリアの企業は、他の国の企業ほど僕たちをサポートをしてくれない。例えば、ブラジル銀行がフェリペ(ナッセ/ザウバー)を支援しているようにね」

「おそらく、大きな企業はもう少し僕たちをサポートするべきだ。そうでないと僕たちは、永遠にお金を手にすることができない。僕たちは1年レースをするにもお金が必要だけど、僕らがレースのためにお金を払う必要がないと彼らがわかってくれれば、僕たちにとって良いことだ」

「僕にとっては、1シーズンで10億なんてばかばかしい。もし僕が10億円持っていたらF1のために払うのではなく、自分のためにとっておいて今後の休暇に使うよ」

「こういった流れは悪いところがいくつもあるし、本当に残念なことだ」

 またマルチェロは、GP2でレースを続けるのも”現実的ではない”と話した。

「たぶん、これ以上GP2にいることはないと思う。もう1年GP2で過ごしてもどうしようもない」

「来年タイトルを取れたとしても、F1のために10億円必要だというのは変わらない」

「もしGTカーでレースをする機会があるなら、それを考えようと思う。どうなるか見てみよう」

「クリスマスまでには、来年何ができるのかを知りたい。だからしっかりと来年のことに集中して動き始める。今後どうするのかは、90%わかっている」

【関連ニュース】

【SF, F1】レッドブルのガスリー、来季スーパーフォーミュラへの参戦を検討中

【SF】レッドブル、ガスリーのSF参戦諦めず。現在はトヨタと交渉か?

【F1】ブラジル銀行、ザウバーとの契約終了。ナッセのチーム残留にダメージか

ペレス、ようやくスポンサー契約がまとまり、チーム残留発表

ペレス激怒。トランプ当選を茶化したスポンサーとの契約を破棄「母国を馬鹿にさせない!

ペレス、”トランプツイート”のスポンサーに三行半。「全く面白くなかった」

【F1】「新聞での謝罪は見つけられなかった」ペレス、ホーカーズを許さず

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , GP2
ドライバー Raffaele Marciello
記事タイプ インタビュー