【F1】メルセデス、ウェーレインの去就についてザウバーとの議論を中断

メルセデスはザウバーとウェーレインの契約について議論を行っていたが、ロズベルグの引退表明によりその議論は中断されているという。

 パスカル・ウェーレインは、フォースインディアがエステバン・オコンを選んだことで、ザウバー入りする可能性が生じていた。ウェーレインとの契約を持つメルセデスは、ザウバーと2017年のウェーレインのシートに関する議論を始めていたが、火曜日にトト・ウルフは、その会議を現時点では停止せざるをえないと認めた。

 ウェーレインは、ニコ・ロズベルグが突如引退を発表した後、メルセデス入りする最有力候補のひとりとして取り沙汰されてきた。しかしチームは、経験の浅い若手を起用することについてリスクを感じていると認めている。

 ウルフはドイツの通信社DPAに次のように語った。

「我々とザウバーとの間の議論は、進んだ状態にあった。ここ数週間、私は彼らと良い話し合いをした。しかし新しい状況が生じたために、彼らは今、待たされている状態だ」

 ウルフはウェーレインの支持者であるものの、F1でのフルシーズンを1年戦っただけの彼に、F1世界選手権のプレッシャーに直面させることは理想的ではないと考えている。

「パスカルは野心的な若者だ」

 そうウルフは語る。

「彼は大きな目標を抱いており、我々はその目標を共有している。そのため、彼は我々の開発プログラムの一員になっている」

「彼はマノーで1年を過ごした。もし私はクリスマスに願い事をすることができるのなら、彼が中盤のチームでもう1〜2年過ごすことを望む。しかし、今年は私にはクリスマスに願うことはできない」

「我々は良い妥協案を探す必要がある。そして、ニコが勇敢な決断を下したように、我々も勇敢な決断をしなければならないかもしれない」

 ウルフはフェルナンド・アロンソを獲得することを検討していたことをスカイのインタビューで認めたが、契約上の争いに巻き込まれることについて抵抗があると示した。

「我々は他のドライバーと他のチームの契約を尊重している」

 そう彼は語る。

「我々自身、新たな機会が生まれた時、ドライバーたちにその機会に興味を持って欲しくない。これが契約の目的であり、これは尊重すべきだ」

「我々は対立したり、法廷闘争することになるような状況を望んでいない。もちろん、適切な解決策を見つけるために、他のチームやドライバーと折り合いをつけなければならない可能性がある。その可能性を排除することはできない」

Additional reporting by Stefan Ehlen

【関連ニュース】

ウェーレイン、ロズベルグ後任候補に名乗り「準備はできている」

ロズベルグの後任候補はアロンソか? メルセデスが示唆

ウルフの命令を拒否したロウ「ハミルトンは”問題ない”」

フェラーリ、ロズベルグを賞賛「彼は”別の人生”を探している」

ラウダ「ロズベルグがメルセデスに”大きな穴”を開けたのは悩ましい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Pascal Wehrlein
チーム Mercedes , Sauber
記事タイプ 速報ニュース