【F1】メルセデス”ドライバー”の求人広告を英国誌で掲載

メルセデスはロズベルグの引退発表の後、英国オーツスポーツ誌でドライバー求人広告を掲載した。

 2016年F1王者に輝いたニコ・ロズベルグが衝撃的な引退表明をした後、メルセデスは英国オートスポーツ誌に”レースドライバー”の求人広告を掲載した。広告の概要は以下の通りだ。

『レースドライバーのポジションが空いています。理想はステアリングやブレーキング、特にアクセル操縦で実績を持っていることです。FIAスーパーライセンスを所有していれば優先的に採用します』

 AMGペトロナス・メルセデスF1は、オートスポーツ誌で日常的に空力機械工系のエンジニアやサービスデスクアナリスト、またインフラチームリーダーなどの求人募集関連の広告を掲載している。しかし今回、レーシングドライバーの求人広告を掲載したのは今回が初めてのことだ。

 採用された場合の福利厚生として、生命保険やメルセデス車のリース、ジムやレストラン施設の利用権などが与えられる。

 突然ドライバーを失ってしまったメルセデスにとって深刻な広告内容である。しかし返信先の記載はないようだ。

【関連ニュース】

メルセデス、ウェーレインの去就についてザウバーとの議論を中断

ロズベルグの後任候補はアロンソか? メルセデスが示唆

ラウダ「ロズベルグがメルセデスに”大きな穴”を開けたのは悩ましい」

ロズベルグ「『引退する』と言う”勇気”があるとは思えなかった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース