【F1】メルセデス、2016年中にドライバーを発表しないことを表明

引退するロズベルグの代わりを探しているメルセデスは、2016年中に新たなドライバーを発表することはないと表明した。

 2016年F1グランプリの最終戦アブダビGPで世界チャンピオンに輝いたメルセデスのニコ・ロズベルグは、12月2日にF1を引退することを表明した。その後メルセデスの非常勤会長であるニキ・ラウダは、ロズベルグの突然の引退発表でメルセデスに”大きな穴”が空いてしまったとコメントしている。

 それ以降、ある程度の経験とスピードを持つドライバーのほとんどが既に契約を締結している中で、メルセデスは代わりのドライバーを探すことに尽力している。

 遅かれ早かれ解決策を立てようとしていたメルセデスだが、来年1月3日までロズベルグの代替ドライバーの発表はしないことを明らかにした。

 メルセデスのスポークマンは次のように語った。

「現在は何も計画されていません。我々が仕事に戻るのは1月3日です」

 2017年のメルセデスでルイス・ハミルトンの同僚となる主な候補者は、現時点ではバルテリ・ボッタスとパスカル・ウェーレインのふたりであると考えられている。

【関連ニュース】

ウイリアムズがボッタスとメルセデスの交渉を示唆、決定は来年か

メルセデス、ウェーレインの去就についてザウバーとの議論を中断

ラウダ「ロズベルグがメルセデスに”大きな穴”を開けたのは悩ましい」

ロズベルグの電撃引退……。ウルフ「予想していなかった出来事だ」

引退発表のロズベルグ「鈴鹿で勝った後、引退を意識し始めた」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース