ルクレール、フェラーリでF1テストデビュー

フェラーリのジュニアドライバーであるチャールズ・ルクレールは、マラネロでフェラーリF1のテストドライブを行った。このテストで”夢が叶った”とルクレールは言う。

 モナコ出身のルクレールは、今年はじめにフェラーリ及びハースの開発ドライバーとして名前が挙がっていた。彼は今年ARTからGP3シリーズに参戦、今週はじめには2014年のフェラーリF1マシンをフィオラノ・サーキットでドライブ。300km以上にわたって、跳ね馬を走らせた。

「信じられない1日だった」とルクレールは語る。

「これは僕にとって、F1マシン初体験なんだ。F1最初の日をフェラーリで過ごせるなんて、夢が叶ったよ」

「それとは別に、すべてがうまく行ったと思う」

「クルマに適応するのには苦労しなかったけど、エンジンパワーとパワーステアリングは、これまで体験してきたものと違った」

 18歳のルクレールは、次にF1マシンをドライブする日がいつになるかは分からないと語る。

「準備はできているよ。でも、すぐに乗る予定はないね」と彼は言う。

「現時点では、僕はフェラーリの開発ドライバーとして、ファクトリーでシミュレータの仕事をしている。でも、GP3のレースがある週末になれば、僕はGP3に集中するよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Charles Leclerc
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース