【F1】F1フランスGPは7月開催か? 来週計画が明らかに

F1のCEOであるバーニー・エクレストンは、2018年にF1カレンダーに復帰するフランスGPが7月頃に予定されていることを明らかにした。

 木曜日、ロイター通信は、フランスGPがF1カレンダーに復帰することを報じた。計画の詳細は来週の月曜日に明らかになるようだ。

 またF1のCEOであるバーニー・エクレストンは、フランスGPの開催される時期が7月頃に予定されていることを明かした。エクレストンはロイター通信に対し、次のように語った。

「私はそうなると思っている。おそらくだが、ドイツGPの日程と近くなることだろう」

 1990年以来にF1を開催する予定のポール・リカール・サーキットは、エクレストンの家族が経営している会社が所有している。しかし、やりとりはプロモーターが行なっており、F1開催とサーキットを管理している家族は関与しないとエクレストンは考えている。

「彼らとは全く関係がない。今回のプロモーターたちがサーキットを借りるという形になると私は思っている」

 フランスGPは2008年にマニ・クールで開催された後、F1カレンダーから姿を消していた。

 ポール・リカールは、今季の初めにピレリが2017年タイヤテストを実施するために使用されるなど、これまでのF1を始め様々なカテゴリーのマシンのテストが行われてきた。

【関連ニュース】

ポール・リカール、2018年からのフランスGP開催を発表

モンツァ、F1イタリアGPの開催契約延長を発表

ホッケンハイム、来季カレンダーの正式決定を前に、ドイツGP開催を断念

カナダGP、2017年開催合意。改修完了は2019年まで延期の予定

シンガポールGP開催は来季まで? エクレストンがその可能性を示唆

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース