【F1ブラジルGP】ライコネン「かつてのタイヤならこうはならなかった」

ライコネンは、アクアプレーニングを処理しきれなかった今のタイヤを問題視し、かつてのタイヤはそうではなかったと話した。

 ブラジルGPの決勝レース20週目、キミ・ライコネン(フェラーリ)は、ホームストレートで水しぶきの上を通過した際にコントロールを失い、ウォールにクラッシュした。

 大雨の決勝レース中にこのクラッシュが起きたことで、ウエットコンディションでもよりうまく処理できるように、エクストリームウェットタイヤのデザイン変更を要求する声が上がった。

 ピレリのウエットタイヤについて聞かれたライコネンは、こう話した。

「非常にアクアプレーニングを起こしやすい。それほど雨が降っていなくてもだ」

「以前から何度もこのことを言ってきた。でも、これはサーキットや他のこと次第でもある」

「もしこのタイヤを12年前のタイヤと比較するなら、昔のタイヤはアクアプレーニングなどの問題を起こさずに、この雨量でも処理できたはずだ。今のタイヤは、これ以上水が増えたら、グリップがゼロになってしまう」

 ライコネンは、クラッシュした際にマシンが前後逆を向いてしまい、動くことができず、マシンに取り残されてしまったと説明した。

「(最終コーナーからの)上り坂で、いくつかアクアプレーニングがあった」

「ほとんどのアクアプレーニングは処理できたけど、かなり路面状況の悪いところを走ってしまった」

「それほど雨はひどくなかったけど、非常にアクアプレーニングを起こしやすかった。予想していなかった場所でそれが起きてしまって、クラッシュした。でも誰ともぶつからなかった」

「問題はアクアプレーニングだ。水溜りがあって、何もできなかった」

【関連ニュース】

【F1ブラジルGP】決勝:”3時間レース”を制したハミルトンが優勝。最終戦に望みを繋ぐ

【F1ブラジルGP】ブーイングの嵐を呼んだ”2度目の赤旗”の理由は「ファンのため」

【F1ブラジルGP】グロージャン「ウエットタイヤの性能を改善するべき」

【F1】サインツ「信じられないくらい危険なコンディションだった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット インテルラゴス
ドライバー Kimi Raikkonen
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース