F1オーストリアGP FP3:ベッテルがトップ。ロズベルグがクラッシュ!

オーストリアGPのフリー3回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 F1オーストリアGPのフリー走行3回目。前日のFP2から打って変わって、非常に良い天候、強い日差しの中行われた。しかし、この暑いコンディションが、各チームを苦しめることになる。

 セッション序盤、トップタイムを記録したのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルである。ベッテルは走行開始直後に1分7秒台後半を計測し、その後1分7秒307までタイムを更新する。この時、ベッテルが使ったタイヤはウルトラソフトである。2番手にはスーパーソフトタイヤを履いたキミ・ライコネンが入り、フェラーリが1-2を占める。本命候補のメルセデス勢は、プログラムが違うのか、下位のままだ。

 しかし、すぐに各車をトラブルが襲う。気温が暑く、タイヤには激しいグレイニング(ささくれ状の磨耗)、そしてブリスター(タイヤのゴムの温度が上がり過ぎ、沸騰してしまった状態)が発生してしまったのだ。リヤタイヤがこれに晒されたのはもちろんだが、マシンによってはフロントに激しいグレイニングを生じさせているマシンもある。

 メルセデス勢もこれに苦しみ、リヤタイヤには多くのブリスターが発生。わずか10周前後しか走っていない段階でのダメージであり、決勝がこれと同じコンディションになってしまうならば、戦略は非常に難しくなるだろう。

 当初スーパーソフトタイヤを履いて2番手タイムを記録していたライコネンが、ウルトラソフトタイヤを装着して1分7秒234を出し、ベッテルのタイムを上回る。

 残り21分半という時点で、ターン2の立ち上がりでニコ・ロズベルグがスピン! コントロールを完全に失って、コースアウト側のウォールにクラッシュしてしまう。このクラッシュの原因は、左リヤサスペンションの破損。ロズベルグのマシンは、縁石の段差部分に乗った際にアッパーアームが壊れ、これでコントロールを失ったのだ。チームは念のため、ハミルトンのマシンの同一の箇所もチェックする。とにかくロズベルグのチームは、予選直前の非常に時間のない中、チームは修復作業を行わねばならないことになった。

 このロズベルグのクラッシュにより、セッションは赤旗中断。約9分の中断時間を経て、残り12分というところから走行が再開される。

 ベッテルはこのタイミングで、新品のウルトラソフトタイヤを履いてアタックランを走行。これにより、1分7秒098を記録して、トップタイムをチームメイトから奪う。ハミルトンもウルトラソフトを履いたが、1分7秒308の3番手まで。ただ、この時のタイヤはロズベルグのクラッシュ直前にも履いたものであり、ベッテルが履いたものと比較するとその使用履歴が若干大きい。

 結局セッションはこのまま終了となり、ベッテル、ライコネンのフェラーリ勢が1-2を占めた。3番手ハミルトンを挟み、4番手5番手にはレッドブルの2台がダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンの順で並ぶ。続いてウイリアムズの2台、そしてフォースインディア、マクラーレン勢が11番手までを占めた。

 この後予選が行われるが、情報によれば、再び雷雨の予報も出ているとのことだ。

F1オーストリアGPフリー走行3回目結果

ClaDriverChassisEngineLapsTimeGapInterval
1  Sebastian Vettel  Ferrari Ferrari 19 1'07.098    
2  Kimi Raikkonen  Ferrari Ferrari 25 1'07.234 0.136 0.136
3  Lewis Hamilton  Mercedes Mercedes 19 1'07.308 0.210 0.074
4  Daniel Ricciardo  Red Bull TAG 21 1'07.639 0.541 0.331
5  Max Verstappen  Red Bull TAG 21 1'07.761 0.663 0.122
6  Valtteri Bottas  Williams Mercedes 22 1'07.814 0.716 0.053
7  Felipe Massa  Williams Mercedes 26 1'07.831 0.733 0.017
8  Nico Hulkenberg  Force India Mercedes 22 1'08.285 1.187 0.454
9  Jenson Button  McLaren Honda 18 1'08.304 1.206 0.019
10  Fernando Alonso  McLaren Honda 16 1'08.327 1.229 0.023
11  Sergio Perez  Force India Mercedes 25 1'08.442 1.344 0.115
12  Esteban Gutierrez  Haas Ferrari 21 1'08.475 1.377 0.033
13  Pascal Wehrlein  Manor Mercedes 28 1'08.534 1.436 0.059
14  Romain Grosjean  Haas Ferrari 20 1'08.550 1.452 0.016
15  Kevin Magnussen  Renault Renault 31 1'08.569 1.471 0.019
16  Daniil Kvyat  Toro Rosso Ferrari 31 1'08.786 1.688 0.217
17  Jolyon Palmer  Renault Renault 26 1'08.939 1.841 0.153
18  Carlos Sainz Jr.  Toro Rosso Ferrari 11 1'09.008 1.910 0.069
19  Rio Haryanto  Manor Mercedes 27 1'09.116 2.018 0.108
20  Marcus Ericsson  Sauber Ferrari 25 1'09.137 2.039 0.021
21  Felipe Nasr  Sauber Ferrari 19 1'09.557 2.459 0.420
22  Nico Rosberg  Mercedes Mercedes 16 1'10.959 3.861 1.402

 

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 オーストリアGP
サブイベント 土曜日 practice
サーキット レッドブルリンク
ドライバー Sebastian Vettel
記事タイプ フリー走行レポート