【F1, MotoGP】マレーシア、2018年でF1終了か。契約更新せず、人気のMotoGPに注力へ

マレーシアの観光文化大臣は、2018年までのF1開催契約を延長しないだろうと語った。

 先月、マレーシアGPの将来に暗雲が垂れ込めた。開催地であるセパン・インターナショナル・サーキットの株主とマレーシアの財務省の間でミーティングが行われ、チケットの売れ行きが悪く、地元のメディア史上、最もレースの視聴者数が少なかったことが問題視されていた。

 マレーシアの青年スポーツ大臣、カイリー・ジャマルディンはグランプリの開催権料が高すぎると語り、マレーシアはF1を諦め、当地でF1より人気のあるMotoGPのレースにフォーカスするべきだと語った。

 セパンはF1の開催契約をあと2年残しているが、観光文化大臣のナズリ・アブドゥル・アジズは月曜日、契約は更新されないだろうと語った。

「現在の契約期間は2016年から2018年だ。だからこれが終われば、もう(F1は)ない」とアジズは現地メディアに語った。

「F1への来場は減少しており、今は魅力も低い。我々は1年に3億マレーシアリンギット(約75億円)も費やしている」

「F1を開催するコストは、初年度と比べて10倍になっている」

 さらにバーニー・エクレストンは、シンガポールも同様にF1開催を辞めたがっていると発言している。

【関連ニュース】

【F1】シンガポールGP開催は来季まで? エクレストンがその可能性を示唆

マレーシア、F1開催中止を検討

「少し感傷的だ」リカルド、マレーシアGPの勝利をビアンキに捧ぐ

セパンの”逆バンク”付き最終コーナーが、マレーシアGPでドラマを生む?

MotoGPマレーシアGP決勝:ドヴィツィオーゾ優勝! シーズン9人目のウィナー誕生

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ malaysian gp, sepang