【F1, WEC】ザウバー、アウディのヨルグ・ザンダー獲得を認める

ザウバーは、WECから撤退するアウディの技術部門の責任者を獲得することを認めた。

 WECでアウディのテクニカルチーフを務めるヨルグ・ザンダーのザウバー加入が、正式に発表された。ザンダーはザウバーでテクニカルディレクターを務めることになる。彼は2006年と2007年にもザウバーで働いていた経験があり、今回チームに復帰を果たすこととなる。

関連:ザウバー、WEC撤退のアウディからテクニカルチーフ獲得か

ザンダーは新しいチャレンジについて「新しいF1のレギュレーションは、イノベーションと技術的な創造性をもたらしてくれる、素晴らしい機会だ」と語った。

「私の仕事のひとつは創造の可能性を発展させ、安定的かつ効率的な技術組織を定義することだ。そして、成功するF1マシンを開発する基礎を築くことだ」

「初めは当然、改善を果たし中団のチームとして確立したい。全体的に、興奮と熱意を持ってチャレンジを待っている」

 ロングボウ・ファイナンスが新オーナーとなってから、ザウバーはルース・バスクームやマックス・フェルスタッペンの元エンジニア、セヴィ・プホラールを雇い入れるなど人員補充を続けている。

 チーム代表のモニシャ・カルテンボーンは「私たちの戦略的な目標を達成するために、またチームを新しい成功の時代に導くためにも、これは非常に重要な前進です」と語った。

「ザンダーは私たちのチームによくフィットするでしょう。彼は他のモータースポーツだけでなく、F1でも多くのノウハウを持っています。テクニカルディレクターとして、彼はすべての技術部門に責任を持ち、全体を見渡してくれるでしょう」

「ヒンウィルにある私たちのファクトリーで、彼は非常に高いレベルで仕事をしてくれると思います。彼と共に、私たちは進歩を遂げることができると確信しています。ヨルグ・ザンダーがザウバーに戻り良いスタートを切れるように願っていますし、私たちは彼を全力でサポートすることを保証します」

 ザンダーは以前、BMWザウバーのほか、トヨタ、BAR、ウイリアムズ、ホンダやブラウンGPなどを渡り歩いている。

【関連ニュース】

ザウバー、元ハースの女性エンジニアと契約

フェルスタッペンの元エンジニア、セヴィ・プホラールがザウバーに移籍

アウディ、今季限りでのWEC撤退を発表。フォーミュラEに注力

アウディのWEC撤退、ロッテラー、一貴、可夢偉が想いを語る

WEC:衝撃のアウディ撤退。LMP1はどうなってしまうのか?

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Sauber
記事タイプ 速報ニュース