【F1】ウルフ「ロス・ブラウンは今後のF1に必要な人材」

メルセデスのウルフは、ブラウンが復帰する噂に対し肯定的な意見を持っている。

 F1のスポーツディレクターとして復帰を噂されているロス・ブラウンは、現在の役割が”コンサルティング”に限られていると主張している。その一方、2013年にメルセデスのチーム代表であるトト・ウルフと非常勤会長のニキ・ラウダを信用できなかったという理由でメルセデスを離れたという事を本に記している。

 しかしウルフ自身は、ブラウンとの間には確執めいた感情はないと主張している。

「彼が記した本によって多くの論争があるが、それがずっと続く事はないだろう。これはデリケートな問題だ」とウルフは説明した。

「私にとってこれは問題ない事だ。我々は連絡を連絡を取り合っているし、会話が一方通行になっていないことは我々の間でとても良い点だと彼は言っていた。関係は完全なるものだ」

 また、F1にブラウンが復帰する可能性に対し、ウルフは次のように付け足した。

「ロスは多くの経験を持っており、人格者だ。今後のF1に重要な技術的知識を持っている」

「彼はいくつかのチームを離れた後も正しい距離感を持っていた」

「ロスがF1に戻ってくるのであれば、私は賛成だ」 

【関連ニュース】

ブラウン「リバティのコンサルティングをしているだけ」と発言

ロス・ブラウン、F1の運営に参加の可能性。チームとFIAの橋渡し役も

ロス・ブラウン「F1をより良いものにしていく立ち位置ならば、喜んでF1に戻る」

ブラウン、メルセデス離脱の理由を暴露。「ラウダとウルフは信頼できない奴ら」

ロス・ブラウン「フェラーリからの正式なオファーはない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース