【F1】エクレストン「F1のレースを2回に分けた方が視聴率は上がる」

エクレストンは、F1を改善するためのアイディアと現在のレギュレーションに対する要望を明かした。

 F1の新たなオーナーであるリバティ・メディアが、今後F1が利益を上げていくための施策を練っているのに対し、バーニー・エクレストンは何をする必要があるのか、彼なりの考えを持っている。

 The Sunday Timesとのインタビューで、エクレストンはF1のレースを40分に短縮するアイディアを語った。

「人間の注意力ははるかに短い。他のスポーツはもっと試合時間が短いだろう」

「ブラジルGPでテレビの視聴者数は上がった。ブラジルGPでは大雨の影響で数回クラッシュし、レッドフラッグが振られ、2回リスタートすることになる長いレースになった」

「F1はコンセプトを見直す必要がある。例えば40分間レースをし、40分間のインターバルを挟んだ後、再び40分間のレースをするのはどうだろう。40分間のインターバルの間にドライバーインタビューすることもできる。マシンが動いていて、視聴者にとって魅力だろうし、テレビ会社、スポンサー、広告主もそれを好むだろう」

「しかし、F1が変化していく勇気を持っているのかどうかはわからない。しかし世界は常に変わり、我々はそれに適応していかなければならない」

全てのアメリカのスポーツにはタイムアウトが存在する。その目的はアメリカの観客の集中を保たせるためだ。彼らが見ているテレビも15分区切りになっている。どこにいる人も同じだ」

ルール改定を望むエクレストン

 またエクレストンは現在のF1が過度に規制されており、ルールの見直しが必要であると考えている。

「現在のレギュレーションはレースで競争を禁止している」とエクレストンは語った。

「正しい感覚を持ったドライバーは不満を抱いているはずだ。視聴者もそうだし、私もそうだ。おかしな規制だ。ドライバーが公平に競争しやすくする必要がある。私がドライバーたちがわざとクラッシュすべきではないと思うが、互いに争っている中で、彼らが接触してしまっても普通のことだ、それがなんだ?」

「今のF1マシンでレースしたい、あるいはF1に出場したいと思う人がいるのだろうか」

【関連ニュース】

【F1】シンガポールGP開催は来季まで? エクレストンがその可能性を示唆

【F1】バーニー「何が良いのかわからない今のルールは馬鹿馬鹿しい。簡素化すべき」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ bernie ecclestone