【F1】エクレストン「ブラジル&ドイツの2017年F1開催は危機的状況」

ブラジルGPとドイツGPは2017年のカレンダーから脱落する可能性が高いと、バーニー・エクレストンがmotorsport.comに語った。

 9月に行われた世界モータースポーツ評議会の後に発表された暫定版の2017年F1開催カレンダーには、ブラジルGPとドイツGPはカナダGPと共に「確認の対象」と注釈付きで記載されていた。

 しかしバーニー・エクレストンは、ブラジルGPとドイツGPの開催は以前危機に瀕しており、2017年が19戦で行われる可能性が高まっていることを認めた。来季の開催カレンダーは、今月末にウイーンで行われる世界モータースポーツ評議会で確定する予定だ。

 ブラジルGPが2017年も開催されることに賭けるかどうかを訊ねられたエクレストンは、「私はそれに賭けるつもりはない」と語った。

 水曜日、エクレストンは8月にブラジル大統領に就任したばかりのミシェル・テーマー氏の下を訪れた。そしてその際、国としてグランプリ開催を支援するように求めたが、大統領はそれを拒否したということを認めた。

「私は彼にそれを訊ねなかった。私はただ彼に会い、そして彼がどのように感じているのか、一般的なことについて知りたいと思っていた」

「彼がF1がブラジルにとって良いものだと思っているのか、そうではないのか? おそらく、サンパウロに対しては良いことだっただろう。しかし、それがブラジルの他の人たちにとっても良いことだったのかどうか、それを知っているのは誰だろうか? 彼がブラジルの大統領としてそれができるのかどうかはわからない。この国は、現時点では非常に政治的なんだ。そして、彼はそこに加わったばかりだ」

「彼らはオリンピックやワールドカップを開催するために、多くの予算を投じた。そしてここ(サンパウロ)は傷付いている。そしてレースを開催しようとしているプロモーターは、利益を得ることができるか、それともそうではないのか……それでも、彼らが失うことはない。最終的に失うのは我々だ。なぜなら、彼らは我々に支払いをすることができないんだからね」

 インテルラゴス・サーキットのパドック施設は、今年アップグレードが行われた。しかしエクレストンは、まだ満足していないと言う。

「それは4年前に作られるはずだった。我々との契約では、すでに作られていなければならないモノだったんだ」

 エクレストンはまた、ドイツGPについても明確にした。ドイツGPは昨年開催されなかったにも関わらず、今年カレンダーに復帰。しかし来年に向けては、ブラジル以上に不安定であるという。

「ドイツだって? 私はそのレースを、どうやって救えばいいのか分からないよ。それは商業的なことだ。信じられないことに、ドイツはすべてのワールドチャンピオンを持って行こうとしているんだ。彼ら(メルセデス)はコンストラクターズチャンピオンを獲得した。そして、ドライバーズチャンピオンも獲ろうとしている。ドイツの人たちは、興味がないんだろう」

「ニュルブルクリンクには誰もいない。現在の所有者、彼らがそこを買った時、彼らは何が起きているのかを理解していなかった。彼らが見つけた時、彼らは彼らが聞いたことを好まなかった。私は彼らに会ったよ。彼らはロシアの人たちだ」

「ホッケンハイムはいつも同じだ。彼らは本当にサポートを受けたことがない」

 エクレストンは2017年にホッケンハイムでレースを行う交渉があったことを認めたが、それは彼が望む価格ではなかったという。

「彼らは言っている、もしくは言っていると私は思っている。『私たちは同じ条件で続ける準備ができている。そして、それはこの2〜3年確保できているものだ』と。それは、我々にとっては良いことではない。我々は彼らは残したいと思っている、しかし、彼らはすべてを使い果たしてしまった」

「私がそれに自分のお金を使うようなことをしていない。私はこの数週間、彼らと話をしなければいけないだろう」

 世界モータースポーツ評議会の会合が、ブラジルGPとドイツGPの将来にとっての最終的な締め切りかと聞かれたエクレストンは、「ああ、間違いない」と語った。

 そしてエクレストンはまた、2018年シーズンに向けては代替のレースを見つけることができるだろうと語った。

「復活させられそうなイベントがあり、それについて話をしてきた人たちがいる。しかし、我々には何もできることはなかった。来年は無理だろうが、おそらく1年後には大丈夫だろう」

【関連ニュース】

ブラジルGP、F1カレンダーでの暫定扱いに憤慨。マッサ「これはバーニーの圧力」

マッサ、ブラジルGPの開催消滅を危惧

”暫定扱い”の2017年カナダGP。主催者は来季以降のF1開催合意に向け自信

世界モータースポーツ評議会、2017年F1開催カレンダーを承認

FIAが2017年F1カレンダーを暫定的に公表。来季もル・マンと日程バッティングか?

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ ecclestone