【F1】グティエレス、フェラーリのリザーブも視野に。「結果を求めて周りが見えていなかった」

グティエレスは、リザーブドライバーとしてフェラーリに復帰することも、2017年の選択肢のひとつだと語った。

 エステバン・グティエレスは、今季限りでハースを離脱することになった。ハースは、ロマン・グロージャンが残留し、ルノーからケビン・マグヌッセンが加入することになっているのだ。

 しかしながら、レースドライバーとしてF1に残留するための選択肢は非常に限られてきており、マーカス・エリクソンの残留を発表しているザウバーと、マノーの計3つのシートしか残っていない。

 グティエレスは2013年から2014年にザウバーに在籍していたが、2015年はフェラーリのリザーブドライバーとして1年を過ごした。グティエレスは2017年の計画として、リザーブドライバーとしてフェラーリに戻るのもひとつの可能性だと明かした。

「いくつか可能性がある」とグティエレスは語った。

「フェラーリは昨年僕に第3ドライバーという素晴らしいポジションを与えてくれた、素晴らしいチームだ。ふたりの非常に優れたドライバーに加えて、F1のベストチームの中のひとつから学ぶ、良い機会にもなった」

「興味深い1年だった。僕はこの関係を非常に良い状態に保っているので、利用可能なオプションのひとつだと考えている」

「僕は非常に一生懸命取り組んでいる。正直に言って、現時点では何も決まっていないが、物事をまとめるためにすごく努力をしている」

 今季これまでポイントを獲得できていないグティエレスは、ドライビングに集中しすぎて、自分の将来を心配してこなかったことを後悔していると認めた。

「僕の最大の後悔は、チームのために良い結果を出すことに集中しすぎたことだ。このために、僕は外部の状況に注意を払わなかった」とグティエレスは語った。

「僕はそれに責任を持ち、より良くできるようにベストを尽くしている」

「僕はおそらくドライビングと結果に集中しすぎて良いて、自分の周りで何が起こっているのか十分に認識していなかった」

【関連ニュース】

ハース、グティエレスと再度話し合いを行うことを示唆

グティエレス、未だ将来不透明。マノーかザウバー加入失敗ならF1を去る?

グティエレス、今季限りでハース離脱が決定

グティエレス「ハースの決定はフェアではなかった」

チーム代表との衝突を弁解するグティエレス。「タイミングが悪くて”情熱”が溢れてしまった」

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Esteban Gutierrez
チーム Ferrari
記事タイプ 速報ニュース