【F1】ザウバー、エリクソンとの契約延長を発表。チームメイトは”近日中に”

ザウバーは月曜日、マーカス・エリクソンとの契約を延長したことを発表した。

  マーカス・エリクソンは、2014年にケータハムからF1デビューを果たした後、2015年からザウバーF1チームに参加。その初年度は非常に調子が良く、9ポイントを獲得してランキング18位に入った。しかし今季はマシンのパフォーマンスに苦しみ、ここまでポイントを獲得できていない。

 にもかかわらずザウバーは、エリクソンとの契約延長を発表。エリクソンも新しいオーナーがチームを引き継いだことで、2017年が力強いシーズンになることを確信している。

「ザウバーF1チームのためにもう1年レースをすることになった。これは素晴らしいニュースだ」

 そうエリクソンはコメントした。

「僕は2年間にわたってザウバーと共に仕事した。そして、心から家族のように感じているんだ」

「再び僕を信頼してくれたチームの皆さんに、心から感謝したい。僕の側から言えば、ドライバーとしてザウバーにいる間中、多くの開発に時間を割いてきた。僕らは浮き沈みがあったが、常に結束し、そして出来る限りのハードワークをこなしてきた」

「オーナーが変わって以来、チームには積極的な後押しがあった。そして、新しい時代に入っていくのを期待している。そして多くのモータースポーツの専門家が、ザウバーに加わった。これは将来に向けて良い兆候だ」

「2017年は、今季後半の僕のパフォーマンスを基に、チームと一丸となって取り組んでいく。2017年シーズンが始まるのが待ちきれない。僕らは定期的にポイントを獲得することを目標にすることで、チームを中団に押し上げたいと思っている」

 チームによれば、エリクソンのチームメイトは近日中に発表される見込みだという。

 今季のエリクソンのチームメイトは、ブラジル人のフェリペ・ナッセである。しかしナッセはスポンサーシップの問題により、チームとの契約更新が遅れている。

「マーカスが2017年もザウバーF1チームのレースドライバーとして残ってくれることを発表することができて、非常に嬉しい」

 チーム代表のモニシャ・カルテンボーンは語る。

「今シーズンを通じて、マーカスは再び進歩を遂げようとする姿勢を見せ続けていました。彼は私たちと非常に困難な時間を過ごしましたが、それをうまくマネジメントすることができました」

「この2年間、特に簡単ではない状況の時、彼のスキルを証明するだけではなくコースの外でも、彼は自身を伸ばすために重要なステップを踏みました」

「彼は良いドライバーであるだけではなく、チームとの仕事の仕方を理解している重要なチームプレイヤーであり、彼の積極的な態度は、すべての人々にモチベーションを与えます」

「2017年、F1は新しい時代に入ります。そして私は、マーカスを信頼し、チームを再び上位に押し戻すことができると確信しています」

2017年F1ドライバーラインアップ(11月21日時点)
TeamDriverDriver
Mercedes  ルイス・ハミルトン  ニコ・ロズベルグ
Red Bull  ダニエル・リカルド  マックス・フェルスタッペン
Ferrari  セバスチャン・ベッテル  キミ・ライコネン
Force India

 セルジオ・ペレス

 エステバン・オコン
Williams  バルテリ・ボッタス  ランス・ストロール
McLaren  フェルナンド・アロンソ  ストフェル・バンドーン
Toro Rosso  カルロス・サインツJr.  ダニール・クビアト
Haas  ロマン・グロージャン  ケビン・マグヌッセン
Renault  ジョリオン・パーマー  ニコ・ヒュルケンベルグ
Sauber  マーカス・エリクソン TBA
Manor TBA TBA

【関連ニュース】

エクレストン「F1のレースを2回に分けた方が視聴率は上がる」

DAZNのアブダビGP放送スケジュール決定。今回も決勝はダブル解説。その結末を見逃すな!

ザウバー、天の恵みでマノーを逆転も「ポイントがなくても来季は安泰」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Marcus Ericsson
チーム Sauber
記事タイプ 速報ニュース