【F1】タイトル争い佳境のロズベルグとハミルトン、特別扱いを「望んでいない」

ハミルトンとロズベルグは、タイトルを争っているからといって、特別扱いされることを望んでいないと語る。

 激しいタイトル争いを繰り広げるメルセデスのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、他のドライバーが今までと同じように激しくレースをすることを期待している。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフが、マックス・フェルスタッペンの父親であるヨス・フェルスタッペンに電話をしていたことが明らかになった。この電話がマックス・フェルスタッペンの行動に影響を及ぼすことはなかったと言われているが、周囲の議論を促す結果となっている。

 フェルスタッペンは、メキシコGPでロズベルグとの接触を引き起こした。

「僕は他のドライバーが、全力を尽くさないことを期待していない。僕は競争をしているんだ」

 そうポールポジションからスタートするハミルトンは語った。

「レースドライバーとして、誰かを特別扱いするべきではない。なぜなら、彼はチャンピオンシップのために戦っているんだ」

 一方のロズベルグも、そのように語っている。

「彼は対戦相手のうちの一人だ。そしてどう彼を扱うのか? それが僕のやり方だ。そして、他の人たちも同じことをしている」

 ロズベルグは、フェルスタッペンがグリッドにいることを懸念していないと語る。

「僕はそういう意味では、周りにいるドライバーのことについて考えない。僕にとっての明日の焦点は、前にいるドライバーだ。それはターン1でルイスに対して攻撃すること。僕はレーススタートまで、そのために全エネルギーを注ぐ。それだけだよ」

【関連ニュース】

フェルスタッペン「メルセデスのふたりを特別扱いしたら、価値ある王者じゃない」

タイトル争い正念場のハミルトン。「どんな天気でも準備はできている」

F1ブラジルGP予選:小雨のサンパウロ、勝負のセクター3。ハミルトンがポール獲得

メルセデス、ピットレーンの”段差”を避けるためピットボックス位置を変更

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット インテルラゴス
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース