【F1】ドライバータイトルがかかるブラジルに”自然体”で臨むメルセデス

パディ・ロウは、チャンピオン争いしている彼らのドライバーを、ブラジルGPでも他のレースを同じように扱うと語った。

 メルセデスのニコ・ロズベルグはチームメイトのルイス・ハミルトンを残り2レースで19ポイントリードしており、ブラジルGPで優勝することができればロズベルグの初のF1タイトルが決定する。

 緊迫した状況にもかかわらず、メルセデスのテクニカルディレクターであるパディ・ロウは、メルセデスは今週末を他のレースと同じように見なさなければならないと主張した。

「ドライバーズチャンピオンシップは、残りがわずか2レースとなり非常にエキサイティングになってきた」とロウはブラジルGPを前に語った。

「人々が大いに注目しているだろうが、いつものように、我々は今週を普通のレースのように扱うことにベストを尽くす。最高レベルの鍛錬を持って週末に臨み、最も重要な目標を達成するために、我々のふたりのドライバーにフェアな競争のためのベストな装備を準備する」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ロズベルグにはふたつの”マッチポイント”が残されているため、彼の方がプレッシャーは小さいだろうとみなしている。

 一方で、ハミルトンはタイトル争いにおいて、ライバルに1インチも隙を与えることはないだろうとウルフは考えている。

「ニコにとっては、タイトル争いを終わらせるために、(残り2レースを)2位で終えればいいだけだ」とウルフは語った。

「彼はそれを自分の手で決める事もできる。もし彼がブラジルのレースで勝てば、彼がチャンピオンだ」

「我々は多くのレースを見てきて、特にシーズンの後半は彼がプレッシャーに非常にうまく対処していた」

「しかし、精神的には、よりプレッシャーの少ない、より簡単な状況になったと思う。彼にはアブダビで別のチャンスがあるからね」

「同時にルイスは、タイトルの望みをつなぐために何をしなければならないかわかっている。彼は引き下がることはないだろうし、それが彼を偉大なドライバーにしている理由でもある」

「彼は3回チャンピオンを獲得し、通算で51勝もしている。今年の結果がどうであれ、我々はみんな、これからも彼がそれを積み重ねることはわかっている」

【関連ニュース】

メキシコで戴冠の可能性が生じたロズベルグ。それでも「アプローチは変えない」

ハミルトン「タイトルのためにも、残りのレースは全て勝つだけ」

トト・ウルフ「タイトルはロズベルグの手の中にある」

【F1】2007年の敗北を教訓にしているハミルトン「最後の最後まで諦めない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット インテルラゴス
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース