【F1】ハミルトンの行動を支持するサインツJr.「僕がルイスだったら同じことをする」

サインツJr.は、もし彼がハミルトンの立場なら、ためらわずに同じ戦略を採っただろうと語った。

 ルイス・ハミルトンは最終戦のアブダビGP終盤、トップを走行中に故意にペースを落とした。抜きにくいヤス・マリーナ・サーキットの特性を利用し、2番手を走るニコ・ロズベルグを抑え込み、他チームのライバルたちに追いつかせようとしたのだ。

 結局この戦略は失敗に終わり、フェラーリのセバスチャン・ベッテルの追撃を振り切ったロズベルグはハミルトンの後ろ、2位でフィニッシュ。ロズベルグは初のワールドチャンピオンに輝いた。

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は、ハミルトンの戦略についてどう思うか聞かれると「僕もそうするだろう」と答えた。

「トップを走っていて、チャンピオンシップに勝ちたい時は常に、できることは何でもやってみるべきだ。彼がやったように、ルールの範囲内でね」

「結局、彼はルールに外れたことは何もしなかった。だから僕はルイスの決断を支持するよ」

「彼がやったことは、少し大げさだったかもしれないけど、彼はやる必要があったことを正確に実行したと思う。ニコに少しプレッシャーをかけたけど、ニコはそれに上手く対処したんだ」

ペナルティの矛盾に苛立つサインツ

 一方で、サインツJr.の最終戦はリタイアに終わっている。彼はルノーのジョリオン・パーマーにターン17で追突され、ギヤボックスに問題が発生してしまったのだ。

 クラッシュの原因を作ったとして、パーマーには5秒のタイムペナルティが科せられた。この裁定についてサインツJr.は、グランプリレースでのスチュワードの一貫性のなさを強調していると語った。

「僕は素晴らしい動きで、彼をターン7でなんとかパスした。その後ブルーフラッグが振られて、リードラップカーを先に行かせなければならなかった。その時に、彼はターン17のブレーキングでマシンのコントロールを失い、僕に当たってきたんだと思う」とサインツJr.はインシデントを振り返った。

「5秒(ペナルティ)は彼の結果に大きな影響を及ぼすことはない。彼もFIAも、それが問題にならないことを完全にわかっている」

「FIAは時々こういうことがある。彼は追突して僕をコースから追い出し、僕はリタイアしなければならなかった(のに5秒ペナルティで済んだ)。僕は、ロシアGPで彼を少しコース外に押しやっただけで10秒のペナルティを受けた」

「(シーズンが終わった今)ひとつの操作と、他の操作の影響を見ることができるし、現在、ペナルティがどれほどの一貫性を持っているか知ることができる」

【関連ニュース】

レースレポート:ハミルトン優勝も、チャンピオンはロズベルグの頭上に輝く

メルセデス「ハミルトンへの指示は”原則”が危ぶまれたから行った」

ハミルトン「アンフェアなことや危険なことは一切していない」

ハミルトンが処分を受ける? 「”無秩序さ”に厳しく対応することもある」とメルセデス

レッドブル「タイトルがかかっているレースだった。メルセデスの考え方は甘い」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アブダビGP
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー Carlos Sainz Jr. , Lewis Hamilton
記事タイプ 速報ニュース