【F1】パディ・ロウ「信頼性の改善はしてきた。最後まで接戦になる」

パディ・ロウは、今のメルセデスは最強チームであり、タイトルを獲得する可能性はふたりのドライバーに公平だと話した。

 来週末に迫った最終戦アブダビGPを前に、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)とチームメイトのルイス・ハミルトンだけがチャンピオンを争っている。そのロズベルグが自力で初のタイトル獲得を決めるためには、アブダビで表彰台に上がることが必要になる。

 メルセデスでテクニカルチーフを務めるパディ・ロウは、「このベストなシーズンは、最終戦まで接戦が続く」とmotorsport.comに話した。

「彼らはふたりともチャンピオンになる可能性がある。結果がどうなるか見てみよう」

「ルイスを高く評価している。ここ数戦は本当によくやってきた。非常に集中力を高め、体制を整え、素晴らしいドライビングだった。これまで見てきたように、彼はいつでも勝利を挙げてきた。ルイスはF1の歴史の中でもベストなドライバーのひとりだし、彼に勝つのは難しい。でもアブダビでどうなるのか見てみよう。そこで勝負をすることがすべてだ」

「非常に張り詰めた状況だが、両者について話さないといけない。ふたりとも、とても調子が良くて、雰囲気も良い。とてもプロフェッショナルで、気分も良い」

「今は、これまでで最強のチームだ。素晴らしい関係性を保っていて、チームスピリットもベストだ。最終戦を迎えるにあたって、これ以上良い状況は望めない」

 またロウは、メカニカルなミスが起きないようにチームはすべてのことをやりきったので、アブダビでの結果に影響を与えるような信頼性については心配していないと語った。

「これ以上眠れなくなることはない。チームが素晴らしい仕事をして、基礎的な信頼性の改善をしてきたことはわかっているし、自信もある」

「時にはミスも起こるし、これまでもミスはあった。でも今は、このチーム史上、最も信頼性を得ている」

「アブダビで問題が起こるかもしれないが、もしそうなったら、それは本当に珍しいことだ。アブダビに行って、普段通り仕事をするだけだ」

「ふたりのドライバーに、公平にチャンピオンを獲得するチャンスがあると確信している」

【関連ニュース】

【F1】トップのロズベルグから12ポイント差のハミルトン「レースを諦めたくない」

ロズベルグ「ハミルトンは勝ちに値する。アブダビでは勝利を目指す」

タイトル争い佳境のロズベルグとハミルトン、特別扱いを「望んでいない」

【F1アブダビGP】タイヤ面では完全平等。ロズベルグとハミルトン、同戦略でアブダビ決戦へ

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Lewis Hamilton , Nico Rosberg
チーム Mercedes
記事タイプ 速報ニュース