【F1】フォースインディア「選手権4位は我々の手の中にある」

フォースインディアは、チームの予算と今季の躍進を考えると、ランキング4位は素晴らしい成果であると考えている。

 フォースインディアは最終戦アブダビGPを残して、コンストラクターズ選手権で4位につけており、5位のウイリアムズに27ポイント差をつけている。

 何かおかしなことが起きない限り、ウイリアムズが4位を獲得することはないと考えるフォースインディアは、4位の座を手中に収めているとこの状況を理解している

 ランキング4位を獲得することが何を意味するのかと尋ねたところ、フォースインディアの副チーム代表のボブ・ファーンリーは、以下のように答えた。

「チームの士気を考えると、自分たちの前に3つのチャンピオンチームがいて、それ以外の3チームが後ろにいる。予算と、今シーズン我々がやってきたことを考えると、偶然このような結果が出たわけではない」

「これは目覚ましい成果だ。約380人いるスタッフに感謝する」

チーム代表のサポートが要因か

 ファーンリーは、フォースインディアの躍進を支えてきた要因のひとつに、チーム代表のビジェイ・マルヤのサポートがあったと考えている。

 チームのやる気を起こさせ、ハードな仕事を後押ししたマルヤのサポートは、他チームが苦労する中で、フォースインディアの成長の助けになったという。

「彼らのおかげだと思っている」とファーンリーは話した。

「我々は本当に強力なチームだ。全員が仕事に対する素晴らしい道徳観と競争力を持っている。素晴らしいオーナーがチームを経営し、我々が必要とするすべての要素を鑑みて、リソースを与えてくれる」

「我々には明らかに、他のチームが持つほどの予算はない。しかしそれでも、きちんと仕事をこなせば、どれほど我々がコンペティティブでいるかを示すことになるのだ」

【F1】フォースインディア、ランキング4位に王手。ヒュルケンベルグまたも不運で表彰台を逃す

フォースインディア「最後までウイリアムズとの接近戦が続く」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム Force India
記事タイプ 速報ニュース
タグ bob fernley