ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

【F1】メルセデス、スタート改善のためハミルトンのステアリングをアップデート

タイトル争いの決着は最終戦まで持ち越されたが、メルセデスはハミルトンとロズベルグを対等に戦わせるために、努力を続けている。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、ブラジルGPの決勝がセーフティカーの先導のもとスタートしたことで、安堵のため息をついたかもしれない。今年、スタンディングスタートはハミルトンにとっての弱点なのだ。

 今年から、スタート手順についての技術レベルを下げることを主目的に、スタート時に使えるクラッチパドルが1つに限定された。これによって、スタートの良し悪しがドライバーの手腕にかかってくることになったのだ。

 ハミルトンは鈴鹿でスタートに大失敗し、ポジションを6つ落としてしまった。ハミルトンはその後ブラックリーにあるファクトリーに戻り、シュミレーターを使ってエンジニアと数時間をかけて解決策を考え出した。

 彼らはアップシフトパドルとクラッチパドルの形状と長さを変更した、アップデートされたステアリングホイールを導入したのだ。

Lewis Hamilton steering wheel, back view
Lewis Hamilton steering wheel, back view

Photo by: Giorgio Piola

 アップシフトパドルの形状はわずかに変更され、クラッチパドルとの距離が開けられた(上図左の矢印)。以前は平らだったクラッチパドルは、三角形のパーツが取り付けられて、延長されている(上図右の矢印)。

 これらの変更は、表面上はわずかなものに見えるかもしれないが、触覚性や人間工学的に、各ドライバーの作業環境に大きな変更を与える。クラッチパドルで言えば、その長さを延長することにより、大元の可動距離は変わらないものの、ドライバーがパドルを動かすことのできる距離が広がり、より細かく作業できるようになるのだ。事実、他チームでは、より長いクラッチパドルを採用している例もあるという。

 コントロールとコックピットの設定はドライバー間でわずかに異なる。上記の動画でわかるように、ロズベルグとハミルトンのステアリングホイールには違いがある。

 ブラジルGPではスタンディングスタートがなかったが、焦点は今や最終戦のアブダビに移っており、このわずかな変更がドライバーチャンピオンの決定的な要因になる可能性がある。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ブラジルGP
サーキット インテルラゴス
記事タイプ 分析
Topic ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】